フロントスピーカーまわりの改善 その11
       〜 アンプボードの配線とカバー製作 〜


スピーカーのインストールが終わり、アンプボードの配線をきれいにして、カバーの作り直しをしました。(2006年6月)

まず仮止めしていた配線を・・・


きれいに束ねたり、固定したりしました。


キャパシタは念のため、いったん放電させて、再度チャージしてから配線を接続しておきました。



カバーは一から作り直すのは面倒なので、現在のカバーを改造して使おうと思います。

これが以前製作した今まで取り付けていたカバーです。
大きなパッシブを2個追加してアンプボードのレイアウトを変更したので、「窓」の位置変更をします。


まずアクリル部分は再利用するので、割らないように取り外します。そしてビニールレザーも剥がします。


移殖手術をするような感じで精度良く?切った貼った攻撃で現在のレイアウトに合わせます。

位置決めや穴の拡大などができたら、表にテープを貼って裏からホットボンドで固定します。

表面のつなぎ目は例のごとくパテでならしました。そして少し大きめに切ったレザーを準備し、両方にスプレーのりを吹き付けます。

少し時間をおいて、カバーをレザーの上に乗せるように貼り付けていきます。
写真はありませんが、レザーを折り込んだり、カットしたりして貼り付け作業を完了します。

キャパシタの部分とヒューズブロックの部分は前回のアクリル板をそのまま裏からホットボンドでくっつけました。


アンプ部分はパッシブ分が大きく拡大されるので、新しく切り出して準備します(前回の残りの材料で足りました)。

まわりにヒビが入らないように慎重にカットしていきます。

そしてホットボンドでくっつけました。あまりにも汚いので黒い布テープでボロ隠しをしています。


前回製作した時よりも作業が雑です。。側面の処理もかなりテキトーになってきました(^^ゞ
普段見えないところなので良しとします。いちおう赤い生地を貼り付けてそれなりに仕上げておきます。。


今回はアンプの放熱用の穴を設けたいと思います。今までは半密閉状態でしたので。。

ハウス用シートなどに使う「ハトメ」を使いたいと思います。
穴をあける位置にマーキングして・・・専用のポンチ?で穴をあけます。


穴があいたら、ハトメのオスとメスを準備して・・・


はさむようにセットして、専用の治具をかませてハンマーで軽くたたいてカシメます。


4つの穴にしました。黒く塗った方がいいかな。。


取り付けてみて、干渉等の問題がないことを確認します。


リヤスピーカーのストラット部分に貼り付けていたレジェトレックスや吸音材などは、すべて剥がしました。
貼り付けるのは簡単ですが、剥がす作業って大変ですね(*_*)

この後、純正のカバーを付けておきました。

リヤシートを起こしても問題ないことを確認して、作業完了です!!

今回はイルミを取り付けませんでした。というのも、前回製作したときに「ノリ」でイルミをつけて自己満足に浸っていましたが、点灯させて運転することがなかったからです(^_^;) 運転しながら見えないし・・・。

【今回の総合的なインプレです】
実際に運転しながら聴いてみましたが、予定通り低音がスポイルされます。ちゃんとインストールしたつもりでもやはりこんなものですかね。。
プロショップにお願いしたとしたらどこまで改善されるものか興味がありますね。とくに足回りやマフラーを交換しているような、ロードノイズと排気音がノーマル車と比べて大きい車両の場合、何か対策があるものでしょうか。。(サブウーハーを付ければ解決するでしょうが、フロントドアのインストールだけの話です)。「ちゃんとインストールすればサブウーハーはいらない」みたいな記事をたまに雑誌やネットで見かけますが、それは車両によると思います。もっとドアの制振や強度アップをすれば改善の余地があるのでしょうけどFCでは無理と思います(と思いたいですね。。)。停止状態での再生音はメチャ良くなっているので悔しいです。割とロングストロークタイプのRockFordやUSアルパインなどのミッドウーハーなら少しはマシになるかもしれませんね。でもそうなると中高音の音質が変わってしまうし。。結局はサブウーハーに頼るしかなさそうです。

【その他自分なりに分かったことや感じたこと】
 ・スピーカーケーブルの交換は音質向上にかなり効果がある
 ・スピーカーの銘柄によって、音の性質がかなり異なる(今回クリアーさを優先してスピーカーを選定しました)
 ・遮音がしっかりした車両や全体的に静かな車両でないと低音がかなりかき消される。
 ・パッシブネットワークについてはよく分かりませんが、接続方法がいろいろある(バイアンプやバイワイヤリングなど)
 ・スピーカーにも慣らし運転が必要(賛否両論ですが・・・)

今後の課題は、小さいサブウーハーの追加となりそうです。


フロントスピーカーまわりの改善 その12 〜 アンプ内蔵小型サブウーハーの取り付け 〜 へ続く

inserted by FC2 system