フロントスピーカーまわりの改善 その3
       〜 ミッドウーハーの取り付け 〜


今回、フロントまわりのスピーカー構成を変更する際に、ミッドウーハーをどこに設置するか悩んだ結果、パワーウインドウSWの上にすることに決定しました。

右の写真は助手席側ですが、だいたいこの位置です。以前デッドニングでホールをふさいだ箇所なのですが、かなり大きな穴があいていた所です。前期FCではここに純正スピーカーが付いているグレードもあるみたいです。今回はこの穴を流用します。

ここに取り付けるスピーカーですが、サイズ的には10cmのものが無難です。でも13cm(5.25インチ)を入れようと考えオークションで物色しました。
結果、8,000円ちょいで落札。1年半使用されたもので、ぼちぼち美品です。MB QUARTというドイツのメーカーのスピーカーです。

これにした理由は、「落札額1万円以内」、「13cmセパレート2WAY」、「洋物で割と有名どころ」、「パッシブネットワークが付いていてカッコイイ」などです(^^ゞ

商品が届いて実際に現物を見てみたら、パッシブの大きさにびっくりしました。こんなに大きなものとは意外です。。
ドア内装に固定しておこうと軽く考えていたのですが、大きくてドアには取り付けできそうにありません。

それと入出力端子を見てみると・・・何やらたくさん端子が付いています(汗)

普通は入力が1系統で、出力がウーハーに1つと、ツイーターにレベル違いで1つ〜3つあると思います。
このパッシブは、入力自体がウーハーとツイーターの2系統あります。。どういう意味???(+o+)

ネットでいろいろ調べてみたら、バイワイヤリング接続バイアンプ接続ができるパッシブみたいです。
それぞれの意味はここにわかりやすく載っていました(^^ゞ
http://www.dynavector.co.jp/lecture/biwiring.html

バイアンプ接続するには4chアンプが必要なので、バイワイヤリング接続でいくことにしました。
それとツイーターのレベルの変更は、このMB QUARTのはパッシブの基板上にジャンパーがあり、それで調整するみたいです(私の場合そのままで使用します)。


では、さっそく取り付け作業にかかります。まずはレジェトレックスを切って穴を復活させます。(ネジ穴も)


そこへマスキングテープを貼って、鉛筆でだいたいの形状を書いておきます。


それを画用紙みたいなものへ貼り付けなおして、ハサミでカットします。


スピーカーがハマる外径にあわせて円を書いて、くりぬきます。


その型紙を使って、6mm厚のMDFからベースを切り出しました。

右側はその上に重ねるバッフルです(形がいびつですがわざとです)。これは15mm厚のMDFから切り出しました。

とりあえず重ねてテープで仮固定して、ドアにあてがってみます。


スピーカーも仮固定して、内装にあける穴の位置だしをします。ここのスポンジを剥ぎ取って・・・


マーキングして、ジグソーで切り抜きました。微調整はカッターナイフでもカットできます。


こんなイメージです。。汚い・・・(^_^;)


位置が決まったので、バッフル製作を進めていきます。
ベースとバッフルを木工ボンドでひっつけます。(あて木をしておもしを乗せています^^)


ある程度乾いたら、木工用瞬間接着剤を継ぎ目に流し込むなどでさらに接着強度を増しました。


雑誌のうけうりですが、音の抜け?広がり?を良くするためにテーパー加工をしました。


バッフルは少し大きめ製作していたので、くり抜いた内装にきっちりハマるように部分的に削って薄くしました。(現物あわせ)


形としては完成したので、塗装に入ります。
ハケ塗りのニスでは乾燥に時間がかかるので、今回はラッカースプレーで塗装しました。

黒にしたのは、内装のスキマから見えた時でも目立たなくするためです。

話が前後して申し訳ないですが、ミッドウーハーを取り付ける場所にはデッドニングを施していませんでしたので、今回します。
まず、ドア内部の鉄板に制振材(レジェトレックス)を貼り付けて・・・


その上に吸音シートを貼り付けます。
スピーカーの奥に貼り付けるタイプのものには色々と高価なものも出ていますが、私はこのシートのみです(^_^;)


先ほど完成したバッフルを、ボルトナットでドアへ固定します。


そして前回の「ケーブルの引きまわし」でドア内部まで引っ張っていたケーブルにスピーカー用の端子を付けて準備OK(^o^)


ドア内張りをはめてみる前に、前回ウーハー部分が干渉する内装をカットしました。
適当にマーキングして・・・ディスクグラインダで削りました。


そして内張りをはめてみます。仕上げ(ボロ隠し)はどのようにしようか悩みます。。


とりあえず思いつきで実行してみます。
MDFをこんな形にカットして・・・塗装して・・・


取り付けてみましたが、イマイチしっくりきません。上下のクリアランスがないことからアウターバッフル化は難しそうですし。。

この案は却下して、取り外しました。

まだ良い案がうかばないので、とりあえず防音材(エプトシーラー)をスピーカーのまわりに貼り付けて内張りをしておきます。


ウーハー側も同じく防音材でスキマをうめて対処しておきました。


作業はなかなか進みません。。(*_*;

次は、再配線とツイーター取り付けをしたいと思います。


フロントスピーカーまわりの改善 その4 〜 再配線とツイータの取り付け 〜 へ続く

inserted by FC2 system