オーディオシステムのリニューアル 2011年
   〜 その3 ポータブルナビの導入 〜


FCにナビを付けることにしました。(2011年9月)

現在使っている中華製のインダッシュモニター付きDVDヘッド(ナビ付き)があまりにも思ったように使えないので日本のメーカー品にしたいと考えたのが始まりです。

と言うのも、7月のりんくう7DAYの後に知らない場所をあちこち運転する際、「中華製ナビが役立つ時が来た!」と行き先等を設定して使ってみた訳ですが、動作が遅いというかリルートで固まってるんじゃないかと思うくらい動かなくなったり、とにかく使い勝手が悪かったからです。
イキがってhiroさんを先導して走ったりした割りには、クルマの中ではヒーヒー言いながら都市高速を運転していました(^^;


とは言え、普段ナビなんて使わないじゃん、、、と自分にツッコミを入れたりしたんですが、ついつい物色してしまいました。。
今回はヘッドユニットとは切り離して、最近流行りのポータブルナビを物色しました。
ヘッドユニットはそのうち中華製から日本製のに変更するつもりだし、ナビ(というか画面自体)をダッシュ上に設置したかったからです。


んで、いろいろと物色した訳ですが、私の選定基準として、

1. ポータブルナビで、あまり大きくないこと。
 今回はダッシュ上に設置しようと考えているので7インチタイプでも大きく感じるのでできれば5インチが欲しい。

2. 外部映像入力機能が付いてること(必須条件)。
 iPodなどで動画を再生した場合の映像(外部入力)が見れること。

3. 信頼性のあるメーカー品であること。
 ナビは中華製のはあまりにも重かった(動作が遅い)のでもうイヤ(^^;

4. できるだけ安く・・・。    こんな感じです。



そして最終的にゲッツしたのがこいつです。


カロッツェリアのAVIC-T07Uというモデルです。
通称エアーナビと呼ばれているカロの中では廉価版のシリーズのナビです。
もちろん中古をオクでゲッツしました。本体とクレードル、取り付け台、VICSアンテナ、そしてシガー電源のセットです。


で、このカロのエアナビは5.8インチモデルなんですが、やっぱ他メーカーの5インチ(ゴリラとか)と比べるとボディも含めてサイズが大きめです。
あまり大きいのは好ましくなかったんですが、AV機能が満足できる仕様だったのでこれに決めました。

さっそく動作確認してみます。問題なく起動したのでたぶん大丈夫でしょう。


設置場所ですが、警告灯ユニットの前を考えています。
ここには追加メーターを設置するのが定番ですが、私は警告灯が見えなくなるのがイヤだったのでここには何も置かない派?でした。

でも試しにここに置いてみると、やっぱ一番スマートに収まりそうなのです。
サイズ(幅)もちょうどいい感じだし、高さもそんなに高くないのでボンネットの先っぽの方の視界を遮ることもありません。



そのまま置くのはイヤなので少し細工をして設置しようと思います。
まずは警告灯ユニットの移設からですね。




〜 その4 警告灯ユニットの移設 〜 に続く


inserted by FC2 system