オーディオシステムの変更(改善) 2013年
   〜 その1 4chパワーアンプの導入 ロックフォードPBR300X4 〜


フロントスピーカー用に4chパワーアンプを導入しました。その記録です。(2013年1月)

2年前までパワーアンプ(アルパインMRV-F300S)を使っていたんですが、以前オーディオのシンプル化で撤去しました


あれからヘッドユニットも色々変えたりして、今はカロのDEH-P940で落ち着いています。
しかしパワーアンプはおいおい導入するつもりでした。

内蔵アンプだと 曲(録音レベルの違い)によってはボリュームをMAXぐらいまで上げなくてはならないのもあり、
そうとう頑張って鳴らしてる感が否めなかったからです。
やっぱ内蔵アンプだと非力なんでしょうか。スピーカーの能率の問題も関係してると思いますが。
(カスタムフィットタイプのスピーカーを使えば簡単に大きな音が出るような気はします)。

で、今回アンプを導入した訳ですがとにかく小さいアンプをターゲットにしました。
FCの場合はシート下のクリアランスもないため、そこは使えません。
なので極端に言えばグローブBOXにも入るぐらい小さいアンプを探しました。

候補としてあげたのは2つだけ
1.カロッツェリア DEH-P01付属アンプ
2.ロックフォード PBR300X4


カロのP01付属アンプは中古でもけっこう人気があり、オクの相場でも1万〜1万5千円ぐらいです。
ロックフォードの方はもちろん新品ですが、並行輸入品が1万前半の値段で売っています。

値段的にはあまり変わらないしどっちにしようか少し悩みましたが、ロックフォードのPBR300X4に決めました
出力は定格75W×4ch(4Ω)ありますし、なんてったってカッコイイ♪ ←そこか?(笑)


とてもコンパクトです。VHSのビデオテープサイズぐらいでしょうか。でも重量は意外とズッシリときます。
付属品はヘッドユニットからの音声信号(RCA)入力用のメスハーネスとスピーカー用ハーネスです。
本体が小さくなっている分、アンプ本体から出した場所で接続する構成になっています。


側面はゲイン調整ツマミ、ハイパス・ローパス等の切り替えSWなど。反対側は電源コネクタなど。


準備物として、ケーブル類はいつものガラクタ箱から出してきました。
電源ケーブル、GNDケーブル、RCAケーブル、ヒューズブロックなどなど。



元旦に作業する気マンマンだったので、大晦日の仕事を終えたあとにソッコーでガレージにFCを持ってきておきました(^^)
雪の予報も出てるので積もる前に移動完了です。
翌日の作業の準備はこれでOK!


・・・。



しかし待ち切れずに晩飯食ったあとにさっそく作業を開始しました(^_^;) NHK紅白を見ながら作業開始です♪
アンプの取り付け位置ですが、グローブBOXの下の空洞に埋め込もうと思います。


助手席足元のカバーを外します。仮合わせしてスペース的に問題ないことも確認。


次に配線作業です。ヘッドユニットを外して、ヘッドから直接つながっているスピーカーケーブルを外しました。


そのスピーカーケーブルとアンプを接続するため、アンプ付属のハーネスにギボシをつけておきました。


このアンプは4chです。ツイーターとミッドウーハーをそれぞれのチャンネルにあててマルチ接続で使おうと思います。


反対側はヘッドユニットからのRCAケーブルをつなぐハーネスです。とりあえずアンプに差し込んでおきました。


スピーカーケーブルをアンプと接続。


アンプはタッピングビス4本で固定。 カッコいいデザインなので隠してインストールするのが惜しいぐらいです。
アンプ本体の位置決めと取り付けはこれでひと段落。


NHK紅白も終わり 夜中の12時をまわり元旦になりました!
A HAPPY NEW YEAR 2013!(笑) 本年もよろしくお願いします〜。
とりあえずこの日の作業は終了です。


そして元旦。朝から地元の神社とお寺にお参りに行き、落ち着いた後に作業再開。

電源ケーブル類の作業をしました。
PBR300X4は定格75W×4(最大出力は不明)で出力でまずまずありますが、10ゲージケーブル&30Aヒューズでいいみたいです。
今まではバッテリーから直接ヘッドユニットまで8ゲージで引っ張っていましたが、今回はアンプとヘッドユニットの両方に電源を供給しないといけないので、バッテリーから室内まで4ゲージケーブルを引き、そこからヒューズブロックを介して後ろを8ゲージや10ゲージで分岐させて使おうと思います。


まずはヒューズブロックの取り付け。
この取り付け位置に非常に悩みました。カーペットの下に隠して設置しようか? それともサイドシル内に収めようか?
悩んだ挙句 グローブBOXの中に設置しました。見える場所の方が便利だし管理もラクなので。




次はアンプからヒューズブロックまでの電源です。アンプ付属のカプラに電源ケーブルとGNDケーブルを差し込みます。
電源ケーブルは指定通り10ゲージを使いました。GND側は10ゲージの手持ちがなかったので8ゲージを無理やり使いました。。
本来なら電源とGNDは同じ太さにすべきなんでしょうが妥協しました(^_^;) (※やっぱり後から電源も8ゲージに変えました。)


リモートケーブルも手持ちの青い色の電線を使います。
適度な長さに切って差し込んでおきました。


そのカプラをアンプに差し込みます。 電源ケーブルは先ほど設置したヒューズブロックにつなげておきました。
そしてGNDラインはボディーアース。リモートケーブルはヘッドユニットのリモート端子と結線。




次の作業はバッテリーから室内のヒューズブロックまでの電源配線です。

まずは今まで使っていたバッ直の配線(8ゲージ)を取り外しました。
(この配線はヘッドユニットの常時電源へ繋ぐバッ直と、ACC電源につなぐバッ直(リレー経由)として使っていたものです。)



で、今回4ゲージケーブルだけ新たに買いました。RockfordFosgate(ロックフォード)製のケーブルを買ってみました!
電源ケーブルだけで音の違いなんて私にはわかりませんが、なんとなくロックフォードのにしたかったからです(笑)
でもこのケーブルの被覆はすごく柔らかくて配線の取り回しがすごくラクです。ビニールじゃなくてシリコンのような感じです。


まずはバッテリーから直後のメインヒューズまでの配線を作ります。
メインヒューズはバッテリーから45cm以内に入れるのがセオリーみたいです。
丸型端子とヒューズホルダーの端子を取り付けて車両に取りつけました。(バッテリーのマイナス端子は外しています)
※写真に写ってる一緒に這わせてある細いケーブル(8ゲージの電源ケーブル)はサブウーハーへ引っ張っているバッ直の電線です。


メインヒューズは40Aを入れておくことにしました。
今回のアンプが30Aでヘッドユニットが10A。残りのエアナビが3A。どれもMAX値ですがそれでも合計43Aしかありません。
常用の電流(平均使用電流)なんてMAX値には程遠いでしょうし、ヘッドユニットは内部アンプをOFFにできる機能もあるので、メインヒューズは40Aで十分かと。


次にメインヒューズから室内のヒューズブロックまでの配線をします。 バルクヘッドを通して室内へ・・・。


室内に入った電源ケーブルは助手席足元からグローブBOX内へと引っ張りヒューズブロックへ結線。


這わせたケーブルですがエンジンルーム部分はすべてにコルゲートチューブをかぶせておきました。
せっかくロックフォードのロゴが入っているケーブルを使ったんですが、隠れてしまって残念です^^;シャーナイカ


配線経路はこんな感じ。



次はヒューズブロックからヘッドユニットまでのバッ直ライン(常時電源)です。
リレーを介したACC電源もここから分岐させて使います。 ギボシ加工をしてヘッドユニットとリレーに繋ぎました。


そして反対側はヒューズブロックへ。


ヒューズブロックに使うヒューズを入れます。
ヘッドユニット側(ACCを使ったエアナビ電源含む)のヒューズは10Aを。 アンプ側は指定通り30Aのヒューズを挿し込みました。

これで電源ケーブルの設置は完了。


次はヘッドユニットからアンプまでの音声信号(RCAケーブル)の配線です。
以前使っていたモンスターケーブルをガラクタ箱から引っ張りだしてきました。
しかしヘッドユニットからアンプまでの距離は30cmぐらいしかありません。。でもこのケーブルは3mもあります(^^;ナガスギ
とりあえず4ch分接続しておきました。ヘビのようにとぐろを巻いています・・・。


ひと通り配線が済んだので、電源を入れて音出し確認。ヘッドユニット内蔵のアンプは「OFF」にしておきました。


iPodでの動画再生も一応確認。ちゃんと音が出たのでワイヤリングに問題はなさそうです。


バッテリーの負担を減らすためにエンジンをかけて試聴。外は雪が積もり始めています。


アンプのゲイン調整もミッド&ツイーターともにしておきました。
PBR300X4は4chなので、フロント用の2chがミッドウーハーでリヤ用の2chがツイーターを受け持っています。



後日の話ですが、RCAケーブルがあまりに長く収まりきらないので短いのをネットで買いました。
オーダーで作ってくれる物で30cmです。


届いた物ですが、端子の質感やケーブルの仕上がりなどとても丁寧なものでした。
ケーブルは「カナレ」というメーカーのものみたいです。邦楽を聴く人はカナレがいいと書いてあったのでこれにしてみました。

RCAプラグは「ノイトリック製」とのこと。私はぜんぜん詳しくないですが なにやらイイらしい(笑)
ケーブルには特にこだわりがないのですが、値段も安く 長さ(短さ)も良かったのでこれに決めました(^^)


とりあえず使っていたモンスターケーブルと付け替えます。


グローブBOX下の配線を適当に束ねてカバーをしたら作業完了。




アンプのインストールが済んだのでこのままドライブにでも行こうかと思いましたが、あれからなかなか外出することができず断念。

そうこうしているうちにサブウーハーに手を入れることにしました(^_^;)



〜 その2 サブウーハー用モノラルアンプの導入 〜 に続く


inserted by FC2 system