オーディオシステムの変更(改善) 2013年
   〜 その2 サブウーハー用モノラルアンプの導入 カロッツェリア GM-D7100 〜


サブウーハーを導入するにあたり、1ch(モノラル)パワーアンプを取り付けました。その記録です。(2013年1月)

アンプ内蔵の小型サブウーハーがFCでは役不足ということでずっと大きなものに変えようと考えていたんですが、
ついに導入することに決めました。

で、決めたサブウーハーがロックフォード製の12インチ(約30cm)のサブウーハー(1発)です。
次のレポで書きますが、そのウーハーは1Ω(2ΩDVCの並列)です。
パワーアンプで1Ω対応ってのは安い価格帯では種類が少なく、私の中で候補が4つとなりました。

・ロックフォード PBR300X1 (300W @1Ω) 安い(14000円ぐらい)けど少し非力
・ロックフォード PBR500X1 (500W @1Ω) ちょうど良いパワーだが少し高い。。(34000円ぐらい)
・ロックフォード R750-1D  (750W @1Ω) まずまずの価格(22000円ぐらい)でパワーがある(
・カロッツェリア GM-D7100 (800W @1Ω) 安い(13000円ぐらい)のにパワーも十分。サイズが大きいのが難点。

PBR300X1とPBR500X1はコンパクトですごく魅力的なんですが、PBR300X1は少し非力な気がする。
またどちらもBASSリモートが別売りなので、それを追加で買おうと思うとさらに5000円ぐらい必要です。
R750-1DとGM-D7100はどちらもBASSリモート付きなので、この2つのどちらにするか最後まで悩みました。

そしてカロッツェリア GM-D7100に決めました。 決め手は値段です。。(サイズが大きいのはとりあえず我慢)


BASSリモートのツマミとケーブルが付いています。他にはハイレベルインプット対応なのでそのケーブルも付いていました。(使いませんが)



作業にかかります。今まで使っていたミューディメンションのウーハーの電源ハーネスを外していきます。

バッテリー側を外して・・・


助手席側サイドシル内を外してラゲッジルームまで・・・


取り外し完了。


RCAケーブルも今回は変更します。前回の作業で結局使わなかったモンスターケーブル(3m)に交換してみようと思います。
外した紫色のはMGTって書いてあります。(マグトーンかな?昔そんなロゴのウーハーがあったような。。)

これで配線の取り外しは完了。



次はインストール作業です。
アンプの位置は運転席後ろ側に置こうと思います。(他に設置する場所がない)



電源ケーブル類の配線をしていくわけですが、
まず どの(太さの)ケーブルを使って何Aのヒューズを使えば良いか?を考えてみました。

今回のシステムの合計の電流?ですが、
・4chアンプ(ロックフォード PBR300X4)・・30A
・ヘッドユニット(カロ DEH-P940)・・・・・・10A
・1chアンプ(カロ GM-D7100)・・・・・・・・80A
単純に合計すると120Aになります。

今まで使っていたAGUタイプのヒューズホルダー(管ヒューズ)だとヒューズ自体が80Aまでしか見つかりません。
それ以上大きいヒューズだと、「ANL」とか「MIDI」とかの平べったいタイプのものしかラインナップが無いようです。

なのでヒューズホルダーは新調しました。ヒューズも120Aと100Aの両方を買いました。


単純計算で120Aとはいえ、実際に使うのは20Aもあれば良いような気もします。
とは言え気持ちの問題でやっぱ無難に100Aを使いました。




電源ケーブルですが、800Wのアンプですが まあ4ゲージなら大丈夫だろうと思い配線していきました。
前回の作業でバッテリーからグローブBOXまでは引っ張ってきているので、そこから運転席うしろまで延長していきます。


助手席やセンターコンソールを外して作業性の良さを確保。電源ケーブルは助手席側サイドシルを通していきます。


グローブBOXの側面に穴をあけてヒューズBOXまで通します。(ピンボケすみません)


とりあえず引っ張り出しておきました。


被覆を剥いてヒューズBOXに挿して固定するんですが、電線を保護するスリーブを買ってみました。(オーディオテクニカ製)


そしてヒューズBOX自体も変更します。(前回の作業で使ったヒューズBOXは4ゲージ同士の挿しこみができなかったので。)
場所は上側に固定していたのを下側に変更しました。
バッテリーからきた電源ケーブルはヒューズBOXの奥側へ結線。
運転席後ろのアンプへ向かう4ゲージ電源ケーブルはヒューズBOXの左側面に結線。
そしてヒューズ(30Aと10A)を介して、それぞれアンプ(PBR300X4)やヘッドユニットの常時電源(バッ直)、ACC(これもリレー経由のバッ直)へとつないでおきました。


アンプ(PBR300X4)への電源ケーブルは8ゲージで。(コルゲートチューブで保護しています)。


カロの1chアンプへの音声信号(RCAケーブル)は、モンスターケーブルの3mに変更。
こちらは運転席側のサイドシル内部を通していき、助手席後ろまで引っ張ります(電源ケーブルから離してワイヤリングするため)。


ワイヤードリモコンのケーブルとリモート線もRCAケーブルと一緒に運転席側のサイドシル内部を通して運転席後ろへ。


ウーハーのBASSコントロールはここへ。



RCAケーブルとリモコンケーブルをアンプに挿しこみました。
またアンプのGNDですが、サービスホールがあったのでペーパーで塗装を剥いで端子をつけてボルトで固定しておきました。


電源ケーブル&GNDケーブルをアンプに接続します。
アンプ手前にはヒューズは設けませんでした。(アンプ自体にヒューズが付いているため)。


このままではドリフトしたりする時にアンプが大暴れして危なそうなので固定しようと思います。
手頃な板を見つけて黒く塗装しました。そして裏面にはマジックテープのオス側をペタペタと貼り付け。


そして板はカーペットにマジックテープで固定させます。またアンプはビス4本で板に固定しておきました。
ガッチガチの固定ではありませんが、これで大暴れすることはないはず。


これでアンプのインストールは完了!
本来ならば小型アンプにしてあまり目立たないようにインストールしたかったのですが、お金の都合でこんな状態に。
ちょっと邪魔な感じですが、現状ではどうしようもないのでとりあえずこれで使ってみます。


サブウーハーに使うスピーカーケーブルですが、ガラクタ箱の中から引っ張り出してきました。10ゲージのスピーカーケーブルです。
以前オクでアンプか何かを買った時にオマケで付いていたものです。
あまりに太いので「こんなの使うことあるんか?」と思っていましたが、日の目を見ることができそうです。



いよいよサブウーハーの導入です!






〜 その3 サブウーハーBOXのインストール 〜 に続く


inserted by FC2 system