アクセルワイヤーの交換(リフレッシュ)


アクセルワイヤーを新品に交換しました。その記録です(2012年3月)


以前スロットルのメンテをした時にアクセルワイヤーがぶよぶよだったので対策していました。


(写真は伸びて余ったワイヤーに対してスペーサをかまして対応したものです)。




今回リフレッシュの意味で新品のアクセルワイヤーを買い交換することにしました。

交換作業に入ります。インタークーラーを外して準備OK!
まずはワイヤーのルートを確認します。アクセルペダルからスタート。


バルクヘッドを貫通してセンター方向へ。


ワイヤー固定部(調整部)を経てスロットルへ(末端)。





さっそく取り外していきます。アクセルペダルからワイヤーを解放します。


バルクヘッド貫通部分の留め具のツメを外して、エンジンルーム側に引っこ抜きます。


ワイヤー固定部(調整部)も外して、ワイヤー末端をスロットルから外します。


取り外し完了! いつものツーショット。
固定部を比較してみました。ほぼ一緒ですがネジ山の長さ(調整代)が若干異なります。

それと古いワイヤーの方がかなり伸びているのかなと思いきや、意外とそうでもありません(・・;)ナンデ??






取り付けに入ります。

ワイヤー調整部を固定して、先っぽをスロットル側にも引っかけます。


そして運転席側へ引っ張ってきて、、




バルクヘッドの穴を通して新品のワイヤーをエンジンルーム側から室内へ突っ込みます。
貫通部の留め具のツメもパチっとはまり込むように。


そして室内足元へ移動して、ペダルへ固定。(黄色い樹脂がパチっとはまり込むようになってます。)


これで取り付け完了!



取り付け自体はこれで完了です。あとは張りの調整をするだけ。

新品なので以前のような調整範囲の限度を超えているってこともなくド真ん中で落ち着く予定でした。


しかし以前のように
ワイヤーがぶよぶよに余ります!(><)ナゼ?
新品なのにセンター付近で合わせることができないとは。。


新旧比較をした時に長さがほとんど変わらなかったのでイヤな予感はしましたが。。。
結局、古い方のワイヤーも実はあまり伸びてはいなかったということになります。




ではなぜ調整範囲を超えるぐらいにワイヤーが余るのか(?_?)フシギジャ

考えても答えが出ないので作業はこのまま中断(TT)



翌日の夜に作業を再開しました。
そして室内側からボーっと観察していると、
理由がわかりました!!

原因はこいつです。アクセルペダルです。


いえペダルと言うよりも、
ペダルを支えているステーです。
曲がっています!


このステーはアクセルペダルから足を離した時に元の位置に戻るストッパーの役目をしています。
ステーが曲がっているためにストッパーが奥へいっており、その結果ペダルが手前側へ出てきます。

----------------------------------
実はこれは私が若かりし頃に自分で曲げてしまったものです。
随分昔の話ですが、ブレーキペダルとアクセルペダルの高低差が大きすぎると感じたので、アクセルペダルがもっと手前にオフセットできないか考えた結果、「力技でペダル(の棒)を曲げればいいのでは?」と考えて、手前方向にグイー!っと無理やりペダルを引っ張ったからです。(20年近く前の話ですが今頃思い出しました・・・。)
でも肝心の棒は曲がらずステーの方が曲がってしまい、その結果アクセルワイヤーがぶよぶよにたるんでしまったということです。20年前の話とはいえ、自分の幼稚な作業が情けないです(--;
----------------------------------



と言うことで、自分のアホさ加減に呆れながらせっせと叩いてステーを真っ直ぐにし、元に戻しました!



これでようやくワイヤー固定部(調整部)のセンターが出てワイヤーもちゃんと張った状態で固定できました。。
調整部の固定は疑似的にWAXカムが落ちた状態にしておいて適度の張りをもたせて固定。

(スロットルを引っ張りすぎた状態にならなければOK。張り具合はペダルの遊びでも確認できます。)

これでようやく本来の姿に戻りました(^^;A




本来の姿に戻ったので、アクセルペダル自体も今までよりも奥になってしまいました。
(というか今まで無理やり手前側にしていただけ)。

今度は
正当な手段でペダル位置を調整しようと思います。

アクセルペダルは上げ底で対応します。
ステーの曲がり分で稼いでいたペダル高さは10~15mmぐらいはあったと思います。
なので上げ底も10mmは欲しい。 ということで10mm厚のゴム板を買ってきました。


それをペダルの形状を型取りして・・・


ゴム板をカットしてビス穴もあけて両面テープで固定!


最後はマツスピのペダル(カバー)ごとビスで固定して完了です。


でもこれだけだとまだブレーキペダルが高く感じる。。 

なのでブレーキペダルの高さを少し下げることに。
図中のCのロックナットを緩め、Dの棒をペダルが奥に行く方向に回転させました。
良さそうな高さになったらAのスイッチ高さを合わせ直して完了。

(※走行時、ペダルが底付きすることがないことを要チェック!)



アクセルペダルとブレーキペダルの高さ関係がだいぶイイ感じになってきたのですが、次はクラッチペダルが気になる。
以前、分厚いペダルカバーを付けて全体を調整していたのでかなり手前方向にクラッチだけが出っ張った感じになります。


クラッチ操作をする時も、かなり足を曲げてペダルを踏まなければなりません。めちゃウザイです。


なので
クラッチペダルも下げることに。
といってもクラッチペダルは上げ底のペダルカバーを付けているだけなので、この機に
マツスピのペダルに戻しておきました。

これで
ABCペダルの高さのバランスもまずまずでビジュアル的にもバッチシ(^o^)
マツスピのCペダルを外した時は見た目が一番気になっていたので、これでまたカッコよくなりました(笑)



アクセルワイヤーの話からかなり話がそれましたが、これで作業完了です(^o^)ノ


以上です。


inserted by FC2 system