エアコンがきかない(エアコンヒューズ切れ) 


先日の5月の運転訓練から急にエアコンがきかなくなりました。その対応の記録です。(2015年5月)

コントロールユニット(操作パネル)はONになっているのに冷たい風が出ません。
生ぬるい風が出てきます。。
ボンネットをあけて確認してみるとコンプレッサーが回っていません。電磁クラッチがONになっていないような感じです。
リレーが壊れたかエアコン用のヒューズが飛んだか??


整備書に習ってチェックしてみようと思います。
うちのFC(GT-Limited)はオートエアコンなので自己診断機能がついています。


整備書に従って「VENT」SWを押しながらIG(キー)をONに。
そしたら写真のようにデジタル表示が「00」と出ました。 異常個所なしです・・・。



チェックする手順が逆なのかどうなのか分かりませんが、また整備書に従ってチェック。
「コンプレッサが作動しない」の項目。
「ヒューズは溶断していないか?」とあります。
先ほどのユニットでの自己診断では異常なしだった。ヒューズとはどこのヒューズか??


考えても分かるわけないので電気配線図をチェック。
症状は、「エアコンの操作パネルでエアコンONのランプは灯いているのに電磁クラッチがつながらない」。
それらしい回路が下の図。マグネットクラッチのラインですがエアコンリレーがONしたらマグネットクラッチが作動するはず。
それが作動しないということで、その電源であるシガーライタのヒューズが怪しい感じです。


んで、シガーが関係している電装品を調べてみました。
シガーソケットを筆頭にエアコン、時計まで関係しているようです。
よく考えたら時計が点灯していなかった!
たまに時計表示が消えたりしていたので また警告灯ユニットの半田不良ぐらいに思っていましたが、どうやらヒューズ切れくさいです。


さっそく足元にもぐってヒューズを調べてみました。一番下の段の左から2番目がシガーのヒューズです。
(ヒューズに赤い配線がついているのは、このラインからレーダー探知機の電源をとっているからです)
さっそく外してみました。


やっぱヒューズが切れていました。(よくあるエーモンの電源取り出しヒューズです)。



電源取り出しヒューズの予備は持っていなかったので、普通のヒューズを改造することにしました。
新品の10Aヒューズのカドを削って内部の端子まで出します。そしてそこに配線を移植しました。


半田付け部分にはホットボンドで絶縁しました。これで電源取り出しヒューズもどきができました(笑)


元通りに接続。


さっそくエアコン(SW)をON!! 無事にコンプレッサが回りました。



今回シガーのヒューズ切れが原因でヒューズを交換することでエアコンが復活しました。
しかし問題は なぜシガーのヒューズが切れたか? です。

エアコンが効かなくなるまでの状況をじーーーっと考えて思い出してみました。
・つい先日行った運転訓練まではエアコンは効いていた。
・運転訓練の途中でエアコンが効かなくなって送風だけになった。
・運転訓練の途中に何かしたか??

ここでピンときました。DC電源のエアーコンプレッサです。
運転訓練の途中でタイヤのにエアを入れようとして使いました。
でもスイッチを入れても動きそうになってからウンともスンとも言わなくなりました。


ここからは推測ですが、このエアーコンプレッサにはヒューズが入っていませんでした。。
普通は電装品にはシガープラグ部分にヒューズが入っていますよね?
しかしこれには何故かヒューズがない。
なのでコンプレッサのスイッチを入れた瞬間にシガーのヒューズが飛んだのかと。
素人考えの推測の領域ではありますが、今回シガーのヒューズが飛んだのはこれが原因と結論づけました。



そして後日 車載用に新しいコンプレッサを買った訳ですが、ヒューズがちゃんと付いているタイプにしました(^^;


念のために確認。ちゃんとシガープラグ内部にヒューズが入っています(笑)アタリマエカ


これでもし電流が流れすぎても、シガーのヒューズが切れる前にエアーコンプレッサのヒューズが切れると思います。(希望)



なんでもない理由が原因のエアコン故障?でしたが、無事に解決しました。


以上です。


inserted by FC2 system