エアポンプの交換 


前回交換したエアポンプ(中古品)ですが、交換したわりにはガラガラとうるさいので、解体車のアンフィニくんについていたやつに再度交換しました。その記録です(2007年9月)

これは解体車のアンフィニくんから外したエアポンプです。きたないですが、回転軸のザラザラ感はなく滑らかです。


せっかく交換するなら、取り付ける前にきれいにしようと思い、ボディをワイヤーブラシ(手&電動)で磨きました。


鏡面までやるには相当根性が要りそうなので、きれいになった程度でやめました(^^ゞ



次は黒い部分をきれいにします。錆びてる部分を簡単にワイヤーブラシを当てておいて、POR-15を塗ってみます。


POR-15はツヤが出るので、妙に安っぽくみえる場合もあります。今回も微妙ですかね。。


プーリーもきれいにして、見た目リフレッシュです(^-^)


うるさいエアポンプを取り外しにかかります。まずはテンションのアジャスターとなっているステーをボルト2本抜いて外します。


ベルトを外して、エアポンプ下側(見えない所)のボルトも外します。
あとは長いラジペン等を利用して奥の方にあるホースバンドを外します。作業性がメチャ悪いです(^^;)


外したエアポンプとのツーショット。やっぱ綺麗だと気持ちがいいですな(^.^)




取り付けに入る前に念のために確認。回転も滑らかでザラザラ感もありません。


エアポンプの取り付けは、取り外した逆の手順です。取り付け時も同じくホースバンドの作業性が悪いです。。
ウォーターポンプ周りが錆びている箇所があったので、そこにもPOR-15を塗ってみました。

ベルトも元通りにつけて、テンションを張ったら作業完了です(^o^)丿

【交換後のインプレ】
さっそくエンジンをかけて異音チェックをしました。でも期待したほど静かにはなりませんでした(^_^;)
まあでも気になっていた場所なので、スッキリです。

【取り外したエアポンプを分解】
何がうるさかったのかとても興味がありました。普通はベアリングとかがダメになってとか思いますよね。
それならベアリングを交換すれば、また使えるのかも、といった感じで分解してみました。

エアポンプを分解するのは初めてです。

分解してみたところ、軸部分の負荷(抵抗)はなく滑らかでした。。意外じゃ!!(@o@)

エアポンプ内部の金属部品とケース内部の接触部分(2ヶ所)が犯人っぽいです。
ロータリーエンジンで例えると、アペックスシールとハウジングの関係でしょうか。

この部分がジャリジャリ・ガサガサという抵抗をケース内面に感じながら回るからうるさかったんでしょう。
正常な物なら、綺麗にケース内面と接触して滑らかに気密性を保ちながら回転するんだと思います。

ベアリングを交換する程度なら、と軽く考えていましたが・・・

「こりゃ手におえんわ」って感じでゴミ箱行きとなりました。。(^^ゞ


inserted by FC2 system