セミバケ(BRIX)の色あせのリフレッシュ 


セミバケの定番、ブリッドのBRIX。ホールド性(特にヒザやモモのホールド)がよく、ドリにはかかせないシートです。

しかし中古品のため、購入時から色があせて白けた紺色状態でした。もともと黒色だとは思うんですが(^^;
ずっと気になっていたので、このたびリフレッシュをしました。その記録です(2008年9月)。

こんな感じで、しらけた紺色のような、いかにも中古って感じの状態です。。何とかせねば。


純正の助手席と比較したら一目瞭然です(^^;
純正(助手席)は真っ黒で耐久性もあり満足してます^^


さっそくリフレッシュ作業に入ります。まずはシートを外します。


とても元々黒かったとは思えません。だいたいに色あせが激しいモデルではあるのでしょうが。


リフレッシュに当たって各部をマスキングします。そうです生地を塗装しようと思います。


ここも両面マスキングして・・・


ひと通りマスキングして準備完了です。


色を塗るといっても、布地用の塗料とかではありません。
汎用のラッカースプレー(黒)を使います^^;

写真はありませんが、前後左右とあちこち満遍なく塗りまくりました。

こんな感じで真っ黒になります(^0^)


マスキングを剥がします。


そして車両へ元通りに取り付けて作業完了です(^o^)丿 どうですか、この黒さ(^0^)


BRIXオーナーで色あせてる皆さん、やってみてはどうですか^^ 缶スプレー1本分の費用しかいらないのでお手軽です。
気になる肌ざわりとかですが、自分では塗装前と違いが分からないぐらいなので、問題ないと思います。

塗装前と塗装後。


inserted by FC2 system