デフの脱着


デフマウントを交換するために、デフの脱着を行いました(2006年7月)。
SOSさんのアドバイスをもとに、なんとか作業を完了することができました。その作業記録です。

とりあえずジャッキアップして、ウマをかけておきます。


デフを降ろすときジャマになるマフラーを外します。
さるFCは同時にメタリット交換を行ったので触媒も外していますが、デフのみだったら触媒は外さなくてもOKです。

マフラー。。さびてますね(^_^;)

まずはショック下部のボルトを左右とも外します。だら〜んと足回りが下がってきます。


そしてスタビリンクのナットを左右とも外します。さらにだら〜んと足回りが下がります。


足回りがだら〜んと下がると、ブレーキホースに負担がかかるので、キャリパーを外して吊っておきます。


プロペラシャフトを固定しているナット4つを外してシャフトを外します。


ドライブシャフトのナットを左右とも外します(片側4箇所。計8箇所)
そしてドライブシャフトをアウトプットシャフトのボルトから抜き取ります。足回りが下がっているので、特に問題なく外れると思います。


サブリンク下部を外します。あらかじめリヤメンバーをジャッキで支えていたら外しやすいと思います。


次にサブフレーム(リヤメンバー)を固定しているナットを緩めるわけですが、さるFCはフロアサポートバーと共締めだったため、それを外します。

リヤメンバーのナットを完全に外すのは助手席側だけなので、フロアサポートバーも助手席側だけ外し、運転席側はネジを緩めただけです。

そしてサブフレームの固定ナットを助手席側は外して、運転席側は外れないぐらいのところまでゆるめます。


サブフレームが下がってくるので、フロントデフマウントの固定ナットが見えてきます。デフはジャッキで支えておきましょう。


デフマウントの固定ナットですが、異常に固く、電動インパクトではびくともしませんでした。。
写真のようなエクステンションの数珠繋ぎをし、ブレーカーバーに鉄パイプをはめてしならせながらやっと外れました。。(大汗)


ナット2個が外れたら、ブタ鼻型のプレートを外します。




リヤ側のデフマウントを固定しているナットを左右とも外します。そしてマウント下部のストップワッシャーを抜き取ります。



ここからデフ降ろしに入ります。(私が行った手順で説明します)

まずデフの後ろ側をジャッキで少し下げて斜めにします。そして手や別のジャッキで前側のマウントを溝から外します。
前側のマウントが溝から外れたら、デフを支えているジャッキを更に下げて、ボディの支柱からデフマウントを完全に切り離します。
そして、前側のデフマウントを手で支えて、後ろ側に押し出すようにすように外します。デフ部分はジャッキの車輪でうまく後方に下がってくれると思います。


やっと外せました〜。。(汗)

デフはかなり重たいので、ジャッキから落としたりしないよう慎重に作業しましょう(^_^;)

デフを外して、すっからかんです。


問題のデフマウントですが、運転席側は亀裂だらけ。助手席側はまずまずですが、亀裂はあります。。


フロント側は亀裂や断裂でご臨終((( T_T)


さっそくデフマウントを交換します。今回マツダスピードの強化デフマウントにしました。
※デフマウント交換作業はDIYコーナーにあります(作業内容の紹介はこちら

交換した新品のデフマウント(リヤ側)


こちらはフロント側。すべてのマウントをリフレッシュして、今度はデフの取り付けにはいります〜(^.^)



とはいえ、デフは降ろすより取り付ける方が大変みたいで、まともに取り付けれるかどうか。。(^_^;)
いちおう、予習してから作業開始です!

ジャッキ2つを使って、取り付け位置の下の方まで持っていきます。
そして、デフマウントのフロント側を手で持ち上げて溝に入れて、リヤ側をジャッキで上げてみると。。。穴位置がぜんぜん合いません(*_*)

かといって、フロント側を外してリヤ側からはめ込んでみると、今度はフロント側が同じ量だけズレます。。
これって本当に入るんだろうか!?って感じでした。。

SOSさんに助言をもらいながら、試行錯誤した結果、位置がでました〜(~▽~@)
どうやったかというと、

まずリヤ側のデフマウントをボディの支柱位置に合わせて入れておきます。そしてデフを支えているジャッキを上げます。
次にサブフレーム(リヤメンバー)の助手席側をおもいきり下げます。写真の状態よりももっともっと下げます。
ボルトとブッシュがひっかかって下がらない場合は、垂木などを使ってテコの原理で下げます。


そしてリヤメンバー(サブリンク下部)を別のジャッキで上げていき、更にもう一つのジャッキでリヤメンバーを押し上げ、できるだけメンバーがデフ本体と平行(一直線)になるようにします。


ジャッキ3つを使ったわけのわからない作業ですが、右の写真のように、フロント側のデフマウント位置が合いました。

この位置がでれば、作業は終わったようなもんです。メンバーをジャッキで少し上げてブタ鼻プレートをはめてナットで締め付けます。

そして、ジャッキでデフを一番上まで上げておき、リヤデフマウント下部を支えるストップワッシャーを入れてナットで固定します。


あとは、元通りに組み付けていくだけですが、最後に悲劇がおこりました。
自分では珍しくトルクレンチを使って、整備書通りのトルクで締め付けていた最中に。。。一箇所だけネジバカにしてしまいました(TロT)
トルクアップしないまま、ネジをなめてしまったようです。やはり安物を使うと痛い目にあうのでしょうか。。手ルクレンチの方がよっぽど良かったです。

ネジバカの場所は、運転席側ドライブシャフトの1箇所です。仕方なくナットを破壊して取り外しました。

アウトプットシャフト側のボルト部分が死んでしまったので、部品交換が必要です。

やむなく作業はいったん中断です。
気を取り直して、オークションでアウトプットシャフトの中古を探しました。
2個で4,000円即決のものを発見し、即座に入札・落札し手に入れました。予定外の出費ですが勉強代です。。
KTCのデジラチェ(トルクレンチ)が欲しいですね。

※写真は磨いてからシャシーブラックで塗装してきれいにしています。

まずデフオイルを抜き取ります(目的外の作業なので面倒くさいです。。)


そしてアウトプットシャフトを抜き取ります。軽い衝撃かテコの原理で引き抜けば簡単に外れます。


デフオイルシールも交換した方が良いのでしょうが、またの機会にします。もし漏れたらその時交換します(^^ゞ


写真では見づらいですが、デフオイルを入手した方のシャフトに塗って・・・


丁寧に差し込んで・・・適当に「ゴツンッ」と衝撃を与えてはめ込みました。


ドライブシャフトを固定するナットは1つ破壊したので新品を買いました。そしてナットを固定します。今回は手ルクレンチです(^^ゞ


デフオイルを入れて・・・。(もちろん再利用です)


マフラーを元通りにして作業完了です(^o^)丿


トラブルもありましたが、無事にデフの脱着が完了しました。
自分なりの作業ポイントとしては、取り付けの際の位置決めをいかにうまくするかでした。
ジャッキは最低でも2つは用意した方が良いと思います。


inserted by FC2 system