マツダスピード製 強化エンジンマウントへの交換


エンジンマウントを純正からマツダスピード製に交換しました。その記録です。(2010年9月)

以前、新品の純正エンジンマウントに交換してましたが、この度マツダスピード製強化エンジンマウントに交換してみました。
交換した理由ですが、かなり前の話ですがマツスピ製強化マウントなどブッシュの詰め合わせをオークションで買ってたんですが、ずっと寝かせたままだったので、せっかくなので使うことにしました。

一見、見た目は純正と一緒ですが、芯(センター)が少し上方向にオフセットされてるように思えます。
(金属の丸い枠に対してシャフト(ネジ部)がセンターにないという意味です)。


交換準備に入ります。エンジンを持ち上げるため、タワーバーやエアクリ、ファン、インタークーラーを外しました。


そしてジャッキと当て木を使ってエンジンを下から持ち上げます。


エンジンマウントを抜きとって・・・


マツスピのやつを取り付けます。金属の丸い枠のポッチがちゃんとエンジン側(ブラケット側)の長穴に入るように合わせます。
上の方にも書きましたが、マウントの芯が上方向にオフセットしてるようで、エンジン自体の搭載位置が若干下がったように思えます。
このマウントは重心位置も下げれるような設計をされてるんでしょうか。(単にこのマツスピマウントがおかしいだけとか^^;)

芯がオフセットされてることもあって、シャフト(ネジ部)を穴に合わせるのに苦労しました。
ミッションマウントを緩めて、ミッション後ろ端の持ち上げたりしながらなんとか位置決めすることができました(+_+;)

参考までに純正マウントはこんな感じで芯のセンターが普通に出てました。


で、こっちはマツスピ製のマウントです。センターが上方向にズレてて、エンジン搭載位置が若干下がったように思えます。

この状態がマツスピ本来の姿なのかどうか分かりませんが、若干エンジン搭載位置が下がったことで、
良い方向にいったんじゃないでしょうか。(←ということにしときます(^^ゞ)

最後に、取り外したI/C、エアクリーナー、カップリングファン、タワーバーを元通りに組み付けて作業完了です(^o^)丿


交換後のインプレですが、運転訓練などでドリってみましたが、体感的なことはよく分かりません。。
若干振動が増えた感じはします(マツスピMTマウントとセットで交換してのインプレ)。


まあでも、ある程度強化されて、また街乗りでも問題なく使えるので、一番無難かと思います(^-^)


inserted by FC2 system