フロントハブ(ハブベアリング)のメンテナンス 


ハブベアリングを中心にフロントハブのメンテをしました。その記録です(2012年10月)

フロントハブの締め付けに関してですが、いつも答えが分からず適当に締め付けています。
ハブキャップを外した状態でテンパータイヤを取り付け、少しゆすったり手でタイヤを回したりしながらセンターナットをグイグイと締め付けていき、、


でも締め付けすぎが怖いのでレンチで回らなくなるところまで締めたらそこからちょびっと緩めて、
再度手の力を入れずにまた締めて、最後にまたレンチで「ククッ」って感じで増し締めして終了。
ってな感じです。言葉で表現するのは難しいですね(^^;


でもドリ練とか参加したりサーキットを走ったりした後は、タイヤの上下を手で持ってガタのチェックをしてみるとやっぱ微妙に出るんですよね、、ガタが。
左右とも同じぐらいな時もあるし、片方だけガタが出る時もある。
締め付け(プリロード)が均等じゃないのが原因か。それとも他の要因か??
まあ結局わからずじまいなんで、いつも前述した作業を繰り返しては走りに行っています。


そのあいまいな整備のまま特に不具合も出ないままず〜っと乗ってきてはいるんですが、正解が気になるところです。
テーパーローラ―ベアリングのプリロードに関しては職人の領域だから素人の自分には無理だ、、とも言えますが。


そんな時に、みんカラで ばくおんさんのブログにハブのことがUPされていました。
締め付けのことからベアリングのこと、グリスのことなど興味深々な内容でした。
そこにコメントされていた方の内容も濃いものばかり。
極麗さんやseve.nanaさんのグリスの交換頻度とか聞いて(読んで)、びっくらこいた状態でした(^^;
何がびっくりしたかというと、ハブベアリングのグリスの交換頻度です。
さるFCは、ナウさんのハブにした時に新品にはなりましたが、あれから色々と走りに行ってますがグリスを交換したことがありません
外側の方からスピンドルの中心に向かってグリスを付け足すように押し込んだりしたことは何度かやっていますが、
ハブを外してまでメンテしたことはありませんでした。。

1ヶ月後にはサーキットに行く予定だし、このことを知ってからそのまま走りに行くのはやっぱイヤ。
ということで、ハブベアリングのグリス交換などバラしてからメンテすることにしました。


作業に入ります。
ジャッキアップしてウマにのせます。


邪魔なブレーキキャリパーを外して、適当にスプリング等に引っかけておきました。


ハブのセンターナットを外して、ブレーキローターごとハブを外しました。


スピンドルに残っているグリスの状態。
ハブの締め付け調整の際に付け足した綺麗なグリスと奥側の汚れたグリスのツートンになっています。
(グリスはNUTEC製を使っています。でもナウさんのハブに付いていたグリスとは異なるので結果的には混合になるんでしょうね。
ちなみにグリスの混合は良くないらしいですね。私はやってしまってますが。)

ざっと見たところ、特に油膜切れを起こしたような感じはありませんでした。

グリスをふきとってみます。


どうなんでしょう。特別支障はないような。。(判断基準がわからないです)


反対側のスピンドル。グリスは汚いですがちゃんとベアリングとの接触面に満遍なく行き渡っているようにも見えます。


グリスを吹きとった状態。問題なし??


ハブ側の写真。とりあえずグリスを手でぬぐい取って、、


オイルシールを外してイン側のベアリングも外しました。 特にグリス切れもなく見た目には問題は無さそう。


とりあえず内部の古いグリスをほじくり出していき、最後にパーツクリーナーを使って綺麗にしました。


こんな感じ。左の写真はイン側で右の写真はアウト側。それぞれのベアリングのアウターレースが残った状態です。
キズも焼けも無さそう?? 実際は分かりませんが。。




ベアリングの古いグリスも全部落としてチェックしてみます。

これは助手席側。


イン側の大きい方のベアリング。特に問題なし?


アウト側の小さい方。こっちも問題なさそう。たぶん・・・。



そして運転席側。


イン側の大きい方。異常なし??


アウト側。判断基準が分かりません。・・・が、異常なし?!


これでバラシとチェックは完了です。
まあただ単に洗浄しただけ、、とも言いますが(^_^;)


組み付け作業に入ります。
今まで使っていたグリスは奮発してNUTECを使っていました。
一から使った訳ではないし、付けたし程度にしか使っていなかったので。


でも今度は違います。こんな高級なグリスをたくさん継続的に使うのは経済的に無理です(^^;
NUTECのは300gしか入ってなく、これだけで3000円〜4000円します。

そこでいろいろと悩みました。グリスは何を使ったらいいんだろうか?

候補として挙がったのは、
・リチウムグリス(400g入チューブ)
・トヨタのハブベアリンググリス(2.5kg缶)
・ベンツのハブグリス(150g入チューブ)
←少し背伸びして(笑)
・ウレアグリス(400g入チューブ)
こんな感じです。

一般的なグリスはリチウムグリスかと思います。ベアリングに使えて安いですし。
でもそれだとなんか面白くない。(←そういう問題か?!)
ならばハブベアリング用とうたわれているトヨタのグリスにするか。2.5kgも入っててネットで3000円もしないし。
そして色々と調べていたら、ベンツ純正のわさび色のがなんか良さそう。ベンツだし(笑)
とは言え、今後の交換周期を考えたら値段的にちょっともったいないのでヤメ。

それから色々と調べていたら、ウレアグリスってのが良さそう。
ばくおんさんが使われてる赤いグリスっていうのもたぶんこれ?
値段的にも1800円ぐらいで400gだし、NUTECと比べたらお手頃価格。
ということで、WAKO'S製のハイマルチグリースってのを買いました。ちょう度は2号の方。


それとベアリンググリスパッカー。1700円ぐらいのもの安物です。
今後ベアリングを定期的にメンテしていくなら持っていてもいいかなと。しかしちゃんと使えるんだろうか。


ベアリングを置いて上側の固定するものを締めこんでセット完了。


容器にグリスを入れていきます。 色がエグイです。内臓の一部みたいな(^^;


最初は手の力でグリスがブニュ〜っと出てくるかと思いましたが結構きつい。。 プレスで押していきました。


ぶにゅ〜っとグリスが出てきます。まさに極麗さんやseven.nanaさんのブログ写真で見た光景です。なんかおもしろい!
ベアリングの内部にエアが残ってると嫌なので、グリスを多めに貫通させておき外しました。
外した写真を見ると、総銀歯歯ぐきのようでちょっとグロいです(笑)


小さい方のベアリングも同様にグリスを充填しました。



ハブにセットしていきます。ハブ側にもあらかじめグリスをたっぷりと付けておいてベアリングを入れました。
そして新品のオイルシールを準備。


オイルシール取り付け。グリスは多めに入れてます。(入れすぎ?!)


スピンドル側のパーツも綺麗にしておきます。


固定ナットの前に入れるワッシャですが、一度も交換したことがありません。
よく見ると内側は擦れたようになっていました。


ペーパーで段差をならしておきました。


んで、ベアリングに接する面は摩耗していない外側だった方を内側に向けて使おうと思います。


ハブを取り付ける前にスピンドルにもグリスを塗り、たっぷりとグリスを付けたハブをぶにゅ〜っと挿入していきます。
多めに入れていたので真ん中からグリスが押し出されてきました。
出てきたグリスはもったいないので、手でぬぐい取りながら別の容器に保管しておきました(笑)
そしてアウター側のテーパーベアリングも入れて、スキマにもグリスを溢れんばかりに付けておきました。


そしてワッシャとナットで借り締めしてホイールをセット。 中はグリスでパンパンです(笑)


問題のセンターナットの締め付けです。
テーパーローラーベアリングのセンタリング?をするため、手でタイヤをクルクルと回転させながらナットを締めつけていきました。
ばくおんさんのレポだとグリス総交換の後は手の感触が違ったとのこと。
自分も手の感触に注意しながら締めつけていきました。するとやはりなんか感触が違う感じ。
微妙な違いなので言葉では難しいですが、グリスがちゃんと金属面と金属面の間に入っている感じ?がします。
グリスの粘度が少し上がったような感じでしょうか。(←他に分かりやすい言葉はないのか?(笑)


いつもの力加減で回らなくなるところまで締めつけていき、そこでいったんちょびっと緩め、
無負荷の力で再度締めつけ。 最後にククッと抵抗を感じながらひと締めをして完了。
力加減や抵抗を感じるトルクの表現って数値で表現できないので難しいです。(自分でも何が言いたいのか分からなくなる)。

しかしいつも思いますが、ほんとにこれでいいんだろうか??って感じで終了です。
ここの作業方法をプロの方に教わりたいです。マジで・・・。

最後にキャップ裏にもたっぷりとグリスを付けておきました。極麗さんのブログコメに習って。
しかしこの写真のは付け過ぎでした(^^; キャップが閉まらなかったので・・・。(←限度っちゅうもんがある(笑))
キャップ裏のグリスを減らしつつキャップをはめておきました。
私には限度が分からないのでグリスの入れ過ぎで内圧が上がってキャップが外れないか心配です。
ホイールを外したらホイールのセンターキャップの内側にハブキャップが転がっていたりして^^;


最後にブレーキキャリパーを元通りに取り付けたら作業完了です。



良い悪いは別として、グリスを全部新品に入れ替えたのでリフレッシュにはなったでしょうか??
とりあえずこれでどんなもんか様子見として、サーキットへ走りに行った後にもう一度チェックしてみようと思います!


inserted by FC2 system