フロントタイヤのエグレ対策(干渉対策)


パワーウインドウスイッチを修理しました。その記録です。(2014年7月)


フロントタイヤにえぐれている部分があったのを以前から気付いていましたが、この度じっくりと確認してみました。
ジャッキアップして、まずは運転席側のフロントタイヤをチェック。


えぐれています。 ドリ練の時に悪路を踏んだから? タイヤを回していくと、同じライン上に似たようなえぐれが。


さらに回して3つめ。このような感じで同じライン上に5ヶ所のえぐれが・・・。


フェンダーの中をのぞいてみると、犯人らしきビスの頭が見えます。



続いて助手席側。


なぜか外側にもえぐれがありましたが、内側にはやっぱ運転席側と同じライン上にえぐれが。


フェンダー内をのぞいてみると、やっぱこのビスの頭?
インナーフェンダーが擦れてる跡はこの部分だけですし犯人はここか??

カウンター当ててる状態でストロークさせた時に当たる位置関係にあるような感じです。
ドリ練の時にこのタイヤを使うのでおそらくそう。(グリップサーキットは別のタイヤなので)。


念のために他にもビス留めされている箇所を確認してみましたが、タイヤが当たったような形跡はないので大丈夫でしょう。






干渉対策としては、
・このビス(インナーフェンダーを固定してるやつ)を樹脂製のにしてみる(あるかどうかは分かりませんが)。
・フロントの車高を上げる。
・ドリの時に減衰力を上げる。(硬くする)

フロントタイヤは215/40R17なのでこれ以上は小さくできないですし悩ましいところです。。


そこでブログにて皆さんに参考になる意見を頂戴しました。
一番多いご意見は頭の薄いビスに変更してみる、ってことでした。
色々と参考情報をいただきましたありがとうございました。
この場をお借りしてお礼申し上げますm(_ _)m(ここを見られてるかどうかは分かりませんが。。)





んで、実際にビスを変えてみようと思います。 とりあえずビスを外しました。


よくある内装用の留め具。 外したビスと比較してみたところサイズが大きい。
実際にネジ穴に押し込んでみようとやってみましたが、やっぱ入りませんでした。
タッピングタイプのネジ穴に入れようとするのは形状的にも無理がありますね。。



そして次に準備してみたのがこれ。トラスビスの頭をさらにフラットにしたような形状のものです。



これをねじ込んでみるとイイ感じに収まりました。 ネジ部はフレーム側が若干引っ込んでいるので出っ張りもほぼ無い状態です。



ネジで本固定する前に、破れたインナーフェンダーを補修しておこうと思います。
とりあえずインナーフェンダーを外してみたところ他にも出っ張っている物を見つけました。
フロントフェンダーの骨を補強するサポート「筋金くん」みたいなやつに使うステーの端っこです。


そのステーは折り曲げて穴の中に押し込んでおきました。
インナーフェンダーは黒いガムテで両面からサンドイッチするように貼りつけ、最後に頭のフラットなビスで固定。


こんな感じ。


両フェンダーとも同じように処理して干渉対策は一応完了です。





それからドリ練などに参加して走ってみましたが、新たなタイヤのエグレは無さそうなので大丈夫かなと。


当面これで様子をみようと思います。


以上です。


inserted by FC2 system