ファイナル4.3への換装 〜 その1 デフ玉の摘出 〜 


LSDの組み付けを行った記録です(2007年2月)

アンフィニにはファイナルギア4.3が普通?なら入っていますが、うちのアンフィニくんには入っていませんでした。
以前のオーナーがデフキャリアごと4.1のものに交換していたのでしょう。

そこでファイナルギア比が4.3のデフASSYをGETしました。
オークションでGETしたのですが4.3は人気があり相場が非常に高いです(*_*)


私は別にサーキットとか行かないし、コースによってファイナルをかえてみる、とかというような目的はまったくありません。
しいていえば、走行会でパワーバンドがキープしがたいコーナーが、4.3ならラクになるかな?って程度です(^-^;)
まあ運転技術の話はおいといて、「フィーリングが良ければすべて良し」の精神でGO!です。


前置きが長くなりましたが、まずはうちのアンフィニくんに付いていたデフからばらしていこうと思います。
こっちのデフにはクスコ製が入っているのが分かっているし、デフの効きもかなり良かったから、デフ玉を摘出して使います。


バラす前にまずはイニシャルトルクのチェック。自作のイニシャル測定治具です。
汎用ステーを適度な長さにカットして、サイドフランジのボルトのピッチに合わせて穴をあけ、真ん中に長ナットを溶接したものです。
反対側は回り止めになるようにステーを少し長めにしておけばOKです。

測定結果は、45N・m(約4.5kg) マジで。。あんなにバリバリに効いていたのに。
いろいろ調べたところ、イニシャルトルクとデフの効きはイコールではないみたいです。(詳細は後述)

デフオイルを抜きます。


サイドフランジ(アウトプットシャフト)を抜きます。(私はメガネを使って外しました)
すると左右長さの違うサイドフランジが。。。「まさか純正ビスカスが入ってるわけじゃないよね」って一瞬思いましたが、
あれだけデフが効いていたのにそんなことはないでしょう(^-^;)


次にデフケースを固定しているボルト10本を外します。矢印部の2本だけ長いボルトなので組み付け時に間違えないようにします。


ケースはショックレスハンマーでガンガンと外しました。液状ガスケットでくっついている部分なので外れにくかったです。


そしてデフ玉の摘出準備にかかります。日曜大工用の万能バイスを改造します。
上の板を外して、コンパネを加工してビス止めしていきます。


こんな感じでギロチンのようになります。デフキャリアの幅に合わせたら、さらに補強の板をビス止めします。

そしてデフキャリアごとはめ込みます。

ついにデフ玉とご対面です。クスコのデフとは聞いていたのですが、これはRSでしょう(^-^)
カムも2WAYで組んであるし、このまま使えそうです。赤FCには現在クスコのMZがついていますが、これでさらにグレードアップですね。


バラす前に参考にダイヤルゲージでバックラッシュを測ってみました。0.15mmぐらいです、、微妙なところでしょうか。。


ロックプレートの固定ボルトを外します。




合マークを付けてから、ベアリングキャップの固定ボルト4本を外します。


そしてベアリングキャップを外します。


写真のように左右が混ざらないように配慮して作業しています。そしてアジャストスクリューを外します(左右とも)。




ベアリングアウターレースを落とさないようにしながらデフを摘出します。


摘出完了〜!!




そしてリングギアを外します。これはファイナル4.1用なので歯数が41個ですね。




クスコのRSを丸裸にしました(^^) これをファイナル4.3へ組み込みたいと思います。



その2 デフ玉の組み付けとバックラッシュ調整 へ続く


inserted by FC2 system