ファイナル4.3への換装 〜 その10 バックラッシュの再々調整 〜 


LSDの組み付けを行った記録です(2007年3月)

ピニオンの組み付けがなんとか完了したので、デフ玉の作業にうつります。

リングギアボルトのネジロックのカスを綺麗に取り除きます。


リングギアの接合面も今まで以上に綺麗に・・・、デフ側の接合面も同様に綺麗に・・・、
異物やバリ等の確認も入念に。。


ネジロックをつけてボルトを仮止めし、バイスに挟んで規定トルクで締め付けます。


そしてキャリアにセットして、サイドベアリングのプリロードを決め、バックラッシュを調整します。


4箇所とも0.11mm〜0.13mmにおさまりました。


公明丹で歯当たりをチェックします。塗ってすぐでは歯あたりがはっきりみえません。何度も回転させていくと見えてきます。
でもなんかトー当たり(ギアの内側寄り)のような気がします。。
デフキャリアもハイト用のスペーサーもそのまま流用したのだから問題ないはずなのですが、おもしろくはないですね。


参考までに、今まで使っていたデフの歯当たりも見てみました。こっちも内側寄りな気が。。
でも今まで異音などなかったし。。ってことでOKとし、アジャスタ-を固定してケースをつけることにしました(^-^;)


ケースの中身を綺麗にし、古いシール剤を落とします。


キャリア側の古いシール剤も落としたら、新たにシール剤を塗ります。


そしてケースをはめて、ボルトで固定していきます。


組み付け完了。


オイルシールにグリスを塗って、サイドフランジを叩き込みます。


デフオイルを入れて・・・


デフマウント(フロント)を取り付けて、デフASSYの組み付け完了です(^-^;)


せっせとデフを車両に組み付けていきます。


タイヤを付けてジャッキからおろし、作業完了!!



【ピニオンベアリング交換後のインプレ】

デフの中のベアリングをすべて新品にしたことにより、デフ玉の除いて実質オーバーホールとなりました。
ドキドキしながら、さっそく試運転に出かけます。

すごく静かです(^-^) 苦労した甲斐がありました!!
と思いながら運転していましたが、、、若干あの異音が聞こえてきます。60〜70km/hぐらいが良く聞こえます。
ものすごく小さい音ですが、やはり聞こえます。神経質(心配性)になって耳を澄ませているからかもしれません。
でも納得できません、くやしいです。。
いったい何が原因なのか。もしかしてもう気にしなくても良い領域なのか。
バックラッシュなのか、サイドベアリングのプリロードなのか、、、しかし自分では完璧なはず。
しいて言えば、ピニオンハイトが若干トー当たり的なところではあるが。。

その11 〜再々々分解!?〜 へ続く。


inserted by FC2 system