リヤハッチオープナーのワイヤー交換


リヤハッチオープナーのワイヤーを交換しました。その記録です。(2014年10月)


先日の運転訓練でちぎれたリヤハッチオープナー。



汎用のワイヤースリーブをワイヤーの先端でかしめて修理しようとも考えましたが、解体車のアンフィニくんのがあるので移植することにしました。



んで、アンフィニくんから外してきたリヤハッチオープナーのワイヤーです。 当たり前ですが、両端のストッパーも健在です。


先端のストッパーがワイヤーからもげ落ちてしまった状態。 このワイヤーを外していきます。



ワイヤーですが、ハッチ中央部分から運転席側に向かってはわせてあると思っていましたが、
実際はいったん助手席側に向かってはわせてあり、そこからグルっと向きを変えて運転席側に戻るというまわりくどい取り回しになっていました。


あちこちに樹脂の留め具に挟みこんであるので外していきます。


運転席側の内装をどんどん外していきます。


外した内装は、ラゲッジルームと後部座席の内張りです。(運転席側のみ)



古いワイヤーをたどりながら、新しいワイヤー(中古だけど)を同時にはわせていきました。


後部座席側面の写真。ハーネスと一緒にはわせてあります。


ようやくオープナーのレバー部分までたどり着きました。 レバー部分のカバーを外すので樹脂の留め具とビス1本を外します。


カバーを取り去りました。


次にこのレバーを固定しているステー一式を取り外します。 固定ボルト1本を外したらカーペットをめくって・・・


カーペットの裏側からレバーごと引っこ抜きました。 (シートは外さなくても取り外せました)


レバー部分にはまっているワイヤーと、新たにはわせてきたワイヤー。


古いワイヤーをレバーの根元から取り外します。


そして新たにはわせてきたワイヤーをはめ込んでおきます。


こちらの写真はハッチ側。
固定部分には3ヶ所のスリットが入っていて、ワイヤーの状態(のび具合?)に合わせて適度な場所ではめ込みます。
私は真ん中のスリットの部分ではめ込んでおきました。 いつでも簡単にはめかえできるので適当でもいいです。


そしてレバー部分もボルトで固定しておきました。オープン確認もOK!


ハッチの開閉に問題ないことを確認したら内張りを元通りに戻しておきます。





これで作業完了です。



取り外したワイヤー。
先端のストッパーはありませんが、いちおうスペアパーツとして保管しておこうと思います。

またゴミ(?)が増えた・・・。


以上です。


inserted by FC2 system