ミッション載せ(ミッションの搭載)


ミッション換装の際に、ミッションを車両側に戻した(載せた)記録です(2008年10月)

これは今回載せるミッションです。
自分でO/Hした非常に信頼性の高いミッションです(^^ゞ ←ほんとは信頼性の低さにビビりまくりです(笑)


まずは車両の下へミッションを移動します。
ビニール袋(ゴミ袋)を下に敷いて段ボールを置き、その上にミッションを載せて、ズリズリと滑らせて車両のしたへもぐり込ませます。
そしてジャッキの上に「ウリャ〜」とパワーで乗せます(笑) 一言で書いていますが、30分ぐらいかかりました(^^; すでに大汗です(笑)


そしてジャッキをだいたいの位置に合わせます。
ミッションを合体させるための準備として、エンジンを後方へ傾けるのですが、フロントパイプにおもりをぶら下げてみました(笑)
思ったよりも傾きません。しないよりはマシって感じでした(笑)


ジワジワとジャッキアップしていきます。ゆっくりゆっくり、干渉はないか、位置はずれていないか、慎重に。
ジャッキアップは手でやったり、足でやったり(笑)、狭いので大変です。


だいたいの位置がでました。これで押し込むだけかな?


・・・と思っても、案外センターがズレてるものです(^^;


微調整を繰り返しながら、じわじわとセンター出ししていきます。そしてなんとかクラッチセンターとスプラインまでは入りました!


しかしここからがまた入りません(汗) メンドラの先っぽが、エキセンのセンター(ニードルベアリング)に入っていきません。
クラッチ板の芯には通っても、その先まではめ込むには、微妙にラインがずれているんだと思います。
ミッション後側を上下左右に微妙にずらしながら、エキセンの中央にメンドラがまっすぐ向くように何度も何度も微調整しました。
寝そべった体勢だと力が入れにくく、思い通りにミッションが動かせません(TT) かれこれ1時間近く粘りました(汗)

そしてついにセンターが出ました!!(^O^) そしてごそごそと後ろに回って軽くケリを入れてやると「スコン!!」といきました^^
せっせとボルトで固定します。もう逃がしません(笑)


こんな感じ。少しスキマが見えますが、ボルトを最後まで締めればくっつきます。


フロント側の位置決めができたら、ミッションマウントを取り付けて後ろ側も支えます。


これでジャッキが撤去できます。邪魔ものよ、さらばじゃ(笑)


バックランプSWとニュートラルSWのコネクタをつなぎます。


ミッションとハウジングの固定ボルトを本締めします。ラチェットにエクステンション4本を数珠つなぎします(笑)
そして、えらく後方からエンジン後端まで延長してます^^; これを規定トルクで締め付けます(上側ボルト3本)。


下側のボルト2本は、余裕を持って規定トルクで締め付けます^^


次にセルモーターを元に戻します。あまりにも汚かったので、サッと汚れだけ落としておきました^^


ボルト2本で固定して、コネクタや端子を元通りにつなぎます。


スピートメーターケーブルも元通りにします。


クラッチハウジング下部のカバーも取り付けます。


次はプロペラシャフトです。


ミッション後端のメクラを外して、そこへペラシャをはめ込みます。


そして、デフ側も合いマークに合わせて、ボルト4本で固定します。


次に遮熱板を2枚とも元通りに戻しておきます。


難関は過ぎているので、イケイケ気分で戻していきます(笑)


と思ってたら、またやってしまいました(T▽T) 浮かれていたらよくやってしまう自分のウッカリがまた出ました(笑)
マフラー(触媒)ハンガーのブラケットをミッションに取り付けておかなければならないのに、先に遮熱板を付けてしまってました^^;
手を入れるのが難しく、非常に手間がかかりましたが、遮熱板を付けたまま何とか固定しました(ボルト2本)。


気を取り直して、アンダーバーを元に戻します。マフラーも元に戻していきます!


触媒、エアポンプ配管、排気温センサーも元通りに取り付けます。


排気温センサーの固定ナットですが、あまりにボロイので、新品を買いました(^^ゞ


そういえば、排気系統を固定するネジ類ですが、最近はスレッドコンパウンドを付けて締め付けてます。
これを付けていると、次に外す時に「焼きついてネジが外れない!!」」という状態になりにくいらしいです。


次は室内です。
シフトレバー部の養生(テープ)を取ります。


ミッションオイルを約80cc入れて、レバーをボルトで固定します。


ブーツ類をかぶせていって・・・


シフトノブまで付けたら、室内は完了です(^-^)


ミッションのクラッチハウジング(ベルハウジング)上部にアース線を固定します。
細い方の黒線が純正で、太い法の黒線は自分で付けた後付けアースです。


そしてボルト2本で固定します。(コンデンサ?付きのアース線を共締めするのを忘れないように)。


最後にインタークーラーを元通りにします。


これでミッション載せが完了です(^o^)丿


【関連作業の紹介】
ミッション降ろし  クラッチ&フライホイール交換 前編  クラッチ&フライホイール交換 後編


inserted by FC2 system