社外ラジエターの交換


2001年に交換した時の記録です。

純正ラジエターのアッパータンクから水漏れがあったので交換することにしました。
ラジエターの種類はとても多くナイトさんのアルミ製のクロスフロータイプなど魅力的なものもありましたが値段もそれなりでしたし、ドリフトなど低速度の高回転では、自己放熱性の高い銅か真鍮製が良いと雑誌に書いてあるのを見て、銅2層のものを探しました。(アルミ1層より重たくなりますがしょうがないです)
ちょうどその時に、ヤシオファクトリーからFC用の「スーパーライトRラジエター銅2層」が発売されたのでそれに決めました。

これがパンクした純正ラジエターです。

写真があまりなかったので内容を簡単に書きます。
@アンダーカバーを外して、ラジエター下側のドレンボルトを外し、容器でクーラントを受け止めます。
Aバッテリーとエアクリーナーなどを外します。
Bラジエター上側のレベルセンサーを外します。
Cサブタンクにつながっているホースを外します。
Dカップリングファンのナット4個をゆるめてファンを外します。
Eアッパーホース、ロワーホース、ヒーターホースのバンドをゆるめて各ホースを抜きます。
Fラジエターが固定されているボルト4本ぐらい?をゆるめて外します。
Gラジエターをファンシュラウドごとガバッと上から引き抜きます。

こんな感じだったと思います。

ラジエターを取り外したところ



純正ラジエターに付いていたファンシュラウドを外したら、左右の取り付け用ステーも外します。
これらは新しい方のラジエターに再度使います。


これが取り付けるラジエターです。


純正(アルミ1層)とヤシオ製(銅2層)の厚みを比較してみました。当然ですが厚みが増します(^_^)


先ほど外した左右のステーを取り付けます。付属のスポンジも底面などに貼り付けます。
そしてファンシュラウドも取り付けます。


取り外した逆の手順で取り付けます。取り付け当時はまだ新しかったのでピカピカに黒く光ってます。

でもアッパータンクは純正と見た目が変わらないのでビジュアル的にはイマイチです。。(-_-;)
社外アルミ製などはいかにもラジエターをかえてる!って感じで良いのですがね。


inserted by FC2 system