リヤ足回りのリフレッシュ
    〜 その4 サスアームとリヤメンバーへのブッシュの組み込み 〜
    (マツダスピード製 強化ブッシュの組み付け)


ほぼ全バラにして綺麗にしたロアアームとサブフレームですが、あれから3年と4ヶ月経ちました(^_^;ホウチシスギ・・・
思い出したかのように続きを作業をしました。まずは新品ブッシュの組み込みからです。(2012年6月)

久々に引っ張り出してきましたが、POR16攻撃で綺麗にしてビニール袋に入れて保管していたので3年経ってもテカっています(笑)



今回使うブッシュですがマツダスピード製です。随分前にオクでセットで出品されてたのをゲッツしたものです。
しかもオクで買った時も、出品者の方がしばらく保管されていたと言われるものだったので、相当な年月が経っているように思います(^^;
ゴムがカピカピになっているかもしれません。でもいちおう新品です!(笑)


このリヤメンバーブッシュも前述した通りセットでゲッツしたものです。
あまりに年月が経っているので本当に使えるのか?!という疑問がないわけじゃないですが、
さるFCについているリヤのブッシュは17万km(22年間)使い続けているものなので、それよりはマシかと(^^;


さっそく圧入していこうと思います。まずはサスアームの根元の部分のブッシュ。挟みこむように圧入します。


プレスにセットして、適当な座金を当ててグイグイと圧入していきました。


こんな感じで左右とも完了。



次はサスアームの後ろ側。リヤハブと結合する部分のブッシュです。


方向性があるので間違えないようにセットして、適当な座金を当ててグイグイとプレス!


このブッシュはストッパー(位置決め)がないので、両面がツラになるように微調整してOKとしました。


こんな感じで左右とも完了。



もう1箇所 リヤハブと連結する部分はピロです。
整備書によるとガタがなければ良いと書いてあるので(当たり前ですが)、今回はそのまま使うことに。


これでサスアームのブッシュ打ち込みが完了(^-^)


次はリヤメンバーブッシュです。

と、その前にラテラルリンクのボールジョイントブーツが破れかけていたので交換することに。
(メンバー側は劣化が見られなかったのでハブ側のブーツだけ交換)。
マイナスドライバーでこじってブーツを外します。


古いグリスは指先でぬぐえる分だけ拭き取って、新しいグリスを適当に盛りました。


新品のブーツをはめて完了。



ブッシュの圧入にかかります。
脚立を台にしてプレス位置とできるだけ平行になるように合わせました。


適当な木片を当ててプレスいていったら途中から木がメリメリと割れ始めました( ̄▽ ̄;)コエー
なので鋼管の廃材など直径が似通ったものを当ててぶにゅ〜っとプレスしていきました。(写真右)


奥までしっかり入ったらOK。結構なキツさでした。
そういえば右の写真を見てもらったらわかると思いますが、プレスでブッシュを押した時に白いカスのようなものがペリペリと剥がれました。
おそらくブッシュ(ゴム)を保護する意味でなんらかの保護剤がスプレーしてあったのかと思われます。



左右とも圧入完了。




これでリヤのサスアームとメンバーのブッシュをひと通り打ち込み完了です(^o^)ノ


〜 その5 リヤハブASSYのバラシ作業 〜 へ続く


inserted by FC2 system