リヤ足回りのリフレッシュ
    〜 その1 リヤサスペンションASSYの分解 〜


解体車のアンフィニくんから降ろしたリヤサス(足回り)一式ですが、リフレッシュして、さるFCに取り付けようと思います。
大まかなバラシ作業の記録です(2009年1月)


とりあえず、ブツをガレージに搬入しました。
ASSYごとなので、さすがに一人では持てず、積み降ろしは嫁さんに手伝ってもらいました(^_^;)




まずは現状の状態をチェック。
損傷や曲がりなど無く、問題なさそうです。


サブフレームブッシュをチェック。
デフマウントのような、目で見てわかるような亀裂や劣化はありません。。 けっこう丈夫?!


ナックルも問題なさそう。


サブリンクの付け根も曲がりやクラックは無し。Fデフマウントを固定する土台も問題なし。


ロアアームや各種リンク類も見た目は問題なし。


ドラシャもブーツ破れやグリス漏れなど無く、問題なさそう。


ハブも問題なし。


トーコントロールブッシュはノーマルのままでした。
アンフィニWなので、従来のブッシュよりも硬度は高い(硬い)のでしょうが、できればトーコンキャンセラーが付いてて欲しかった(^^;
トーコンキャンセラーを買って入れ替えるか、今のさるFCのナックル(キャンセラー入り)を使うか考え中です。


ではバラシにかかります。
バラす前に、このトー調整の目盛りを写真を撮っておきました。(組み付け時にとりあえず、この状態で組むため)。
そしてロアアームを固定しているボルトをインパクトで外します。


こんな感じ。


次にコントロールリンクを固定しているボルトを外して、スタビリンクも外します。


次にドラシャを外そうと思います。
まず回り止め部分を起こします。そしてインパクトで「ガガンッ」とナットを外します。
(※ソケットに布テープを巻いている理由は、インパクト用じゃないソケットを使っているため、破断・飛散防止のためです)

さすがに固く締め付けられていました。


そしてドラシャを叩き出します。スプラインでガッチリとハマっているため、かなり固かったです(*_*;)


ドラシャ摘出完了!


次にラテラルリンクを外します。


ボールジョイントプーラーを使って外しました。「カンッ!!」というすごい音と共に外れました(^^;


次にロアアームからナックルを外そうと思います。固定ボルトを外していきます(ピンク2箇所)。




ボルトを外しただけでは、ナックルが取れません。
写真矢印部のカラーを外方向へ寄せないといけないようです。ピンポンチを使ってカラーを叩いて寄せました。


こんな感じ。


下側も同様にカラーをピンポンチで寄せてからじゃないと抜けません。


最後にトーコンブッシュのボルトを外して、ナックルをガバッと外します。


やっと外せました!


純正のトーコンブッシュ。写真のようにゴムのダストカバーが付いています。


もう片方のボルトはなぜかサビサビでした(^^;


サブフレーム側に残っていたコントロールリンクも外しておきます。とりあえず大まかなバラシが完了です(^o^)丿


〜 その2 ロアアームブッシュとサブフレームブッシュの抜き取り 〜 へ続く


inserted by FC2 system