ホイール塗装


お気に入りのEquipですが、中古でゲッツしたときから塗装の状態はイマイチでした。
あれから何年もそんなに気にせず使っていましたが、今回思いついたように塗装のリペアをすることにしました。
その記録です(2009年11月〜12月頭)

塗装があちこち浮いていたので、ヘラのようなものでつついてみると、ペキペキと剥がれていきました(^^;


こんな感じであちこち剥げました。。 塗装が剥がれた下地はアルミが腐食したようになってます。


この剥がれた(剥いだ)部分だけをテキトーにタッチペン攻撃しておこうと思ったんですが、せっかくなので全部
塗りなおしてみることにしました。


まずはもともとの塗装を剥がないといけません。
塗料はがし剤を塗りたくって、塗装を剥ぎにかかりましたが、まったく剥げません。。(><)
溶剤の種類が異なるんだと思います。


強行策で、ディスクグラインダーに研磨スポンジを付けてざっくりと塗装を剥がしました。
この塗装、塗膜が厚く、非常に強固でした。


粉だらけで真っ白になりました(^^; 自分の身体が(笑)


ざっと雑巾で拭いたら、こんな感じです。まだ細かいところは塗装が残っています。


カッターナイフをヘラの代わりにして地道に剥いでいきました。
ものすごく地道な作業で何日もかかりました(^_^;)


ここまでやって思いついた(思い出した)のが、ガスケットリムーバーの存在です!
以前、クスコのフットレストの青色を剥がすのに重宝したので。


塗装が残ってる箇所にさっそく吹き付けてみました(写真ではナット穴)。 みるみる塗装が浮いてきました!!


センターキャップにもぶっ掛けてみました。塗装が面白いように浮いてきます。


ティッシュでさっと拭くと綺麗に塗装が剥がれます(^-^) 右の写真は完全に塗装を剥いだ状態です。


最初からガスケットリムーバーを使えば良かったと後悔しました(^^;マジデ

下地の仕上げにペーパーを当てておきました。


こんな感じ。


ようやく下地ができたので、せっせとマスキングします。


シリコンオフで脱脂。


塗装が剥げにくいようにミッチャクロンを塗りました。


次にSOFT99のホイール用スプレー(シルバー)をふきました。


何度か重ね塗りしていきました。しかしなんか色が濃い。。グレー色が濃いシルバーって感じでイマイチです。


この写真はEquipのもともとのシルバーです。すごく明るい色です。
できればこんな色に仕上げたいところ。。


センターキャップにもミッチャクロンを塗布したあとに、ホイール用シルバーを塗ってみました。
やっぱ同じようにグレー系の色が濃いです(--;)ナットクイカン...



ここでかなり悩みました。どうせなら元々の色に近づけたい。。
考えたあげく、ボディーカラーを使うことに決めました!

ボディ用スプレーのコーナーにある「色見本手帳」をにらみ上げて(笑)、Equipに近いシルバーを必死で探しました。
そして一番近いだろうと判断したのが、ミツビシのサテライトシルバーM(A69)です。
明るいシルバーと、マイカってのがポイントです。ただのシルバーだとギンギラしてしまいますが、マイカ色だと多少マイルドな感じだと思います。


この時期とても寒いので、塗装前にホイール自体を暖めてから作業しています。


そしてさっそく塗ってみました。こんどはなかなかいい感じです。


最後にクリアーです。
(※続けて書いてますが、寒い時期ってこともあり乾燥時間を考えて何日もまたいで作業しています)


仕上がりはまあまあって感じです(^^;


とりあえず作業完了です!


調子にのって、もう1本綺麗にしようと思います。
このホイールはリム修正に出して綺麗になってかえってきた物です。


リムがすごく綺麗になったため、余計にスポーク部分の塗装の痛みが目立ちます。。


こんな感じでペリペリとはがれます。はがれた部分は下のアルミが腐食してる感じです。


剥げそうなところは、ざっと剥いでおきました。


1本目のホイールで賢く?なったので、今度は最初からガスケットリムーバーで塗装を剥がします。
まずはマスキングをしました。


これを吹き付けます。


数分で塗装が浮いてきます。


一度には剥がれないので、何度も繰り返し塗装を剥いでいきます。しかしすごい威力です!


地道に吹き付けては拭き取るって作業を続けて、最後まで綺麗に剥がしました。


そして脱脂後、ミッチャクロンを塗っておきました。


ミッチャクロンは透明なので見た目はあまり変わりません。


今回使うのはホルツのホイールペイント(シルバー)です!
1本目のホイールの時はSOFT99製を使ったんですが少し色が濃い感じだったので、ホルツ製をチョイスしてみました。


えー、その結果ですが、やっぱ思ったよりも明るいシルバーになりません(^^; まあ予想通りではあるので下塗りとして考えればOKですね。


仕上げはこっちもミツビシのサテライトシルバーMです。(写真ではあまり違いが分かりませんね。。)


仕上げはクリアーを。


こっちの仕上がりも、まあまあです。垂れ寸が良いらしいですが、「寸」どころか「垂れてもーた」ってところもあります(笑)


乾燥後、マスキングを剥がします。


DIYクオリティではありますが、まあ自分が良ければヨシって感じですかね(笑)


でも今までの、ハゲハゲボコボコ状態よりは遥かにマシになりました(^^)


スプレー時に舞う「塗料の粉」を拭き取る意味もふくめて、側面部分に軽くコンパウンドをかけておきました。


センターキャップもOK。


2本とも作業完了です(^o^)ノ 何日も(何週間も)かけて、ようやく作業が終わりました。
色はこだわって探しただけあって、オリジナルに近づいたかと思います^^


参考までに、こっちはEquipのオリジナル(純正)シルバーの写真です。


リヤ2本が綺麗になったので、今度はフロントホイールが気になってきました(^^;
でも結構手間がかかるので、暖かい時期がきたらまたチャレンジしてみようと思います。


【2009年12月追記】

ホイール塗装の仕上げですが、少しでも塗装面を保護する意味で、ホイールコートってものを塗りました。
今回チョイスしてみたのは、シュアラスターの「ホイールコーティング」という商品です。
これを選んだ理由ですが、施工が簡単ってのと、あとはブランド名です(笑)


よくあるガラスコートみたいな硬質なものではありません。スプレーして拭く(塗りのばす)だけです。


レインXとかガラコとかのウインドウ用の撥水剤のようなニオイがしました。
施工方法も似てるので、材料に同じ成分があるのかも。
施工がラクなぶん、コーティングの耐久性は弱いでしょうが、横着な私にはピッタリです(笑)


ホイールのリフレッシュがやっと完了し、ついにNewタイヤの装着です。595RS-R 235/45-17です。
組み付けてもらいに、よっしーさんとこに出向きます。せっせとクルマに積み込んで出発(^o^)


よっしーさんの職場に到着です! 今日はよっしー号が置いてありました^^


さっそく組んでもらいます。よっしーさんがせっせと作業されてる間、私は写真を撮ったりいろんな設備を見てまわってました^^


バランスもとってもらいます。いつ見てもこのチャンジャーとバランサー、欲しい(笑)


2本とも作業完了したら、車両に組み付けてもらいました(^^)


リフレッシュしたリヤホイールとタイヤ、やっぱイイです!!(^^* ←ジコマンゾク


よっしー号とのツーショット。 エンケイのホイールもカッコイイですね!とってもレーシーです^^


よっしーさんのFCは、ムラサキ菌が繁殖しはじめているようです(笑)


もう一枚ツーショット(^o^)


ローアングルもっ!! ←くどい??(笑)


よっしーさん、お忙しいところ、またお疲れのところどうもありがとうございました! またお邪魔しに行きますっ(笑)


inserted by FC2 system