JZX100 チェイ号のボディ研磨(ポリッシャーでズラピカに♪) 


チェイ号をポリッシャーで磨いてみました。初のポリッシング作業の記録です(2011年7月)

今回使う道具は、以前レミリアさんにいただいたポリッシャーです。
バフも1つ付けていただいてました。こんなにサービスしていただけるなんて(^^)アリガタヤ


そしてレミリアさんにアドバイスいただき、コンパウンドを2種類買いました。
3Mのエフ1(細目コンパウンド)とエフ2(超微粒子コンパウンド)の2種類です。
スポンジバフも1つ買い足して、それぞれのコンパウンドごとに使い分けることにしました。




事前準備として、ボンネットやフェンダーの継ぎ目、ヘッドライトやウインドウとかの継ぎ目など、マスキングをしておきました。


これが研磨する前の塗装面の肌です。
写真ではうまく写しきれませんが、水アカのガサガサした状態が満遍なくあります。




さっそく作業にかかりました。
まずは1つ目のスポンジバフでエフ1(細目コンパウンド)をつけて磨きました。


ひと通り済んだら、次はバフを付け替えてエフ2(超微粒子コンパウンド)でもう一度磨きました。



初めてのポリッシング作業ですが、要領はイマイチよく分からないまま進めていきました。
自分なりにやったこととしては、できるだけバフを斜めに当てないように気を付けて、
またバフが暴れないように角度や力加減を調整する感じで作業しました。

他にはボディの出っ張った部分や端っこの方にはポリッシングせずに、自分の手で磨きました。


機械を使うのでラクそうなイメージでしたが、結構気を遣うので疲れますね(^^;
しかもコンパウンドを替えてもう一度同じ場所を同じようにポリッシングするのは気持ち的にも微妙です。
でも手で全部やることを思えば遥かにラクです。

こんな感じでポリッシング作業が完了しました。


水アカの「層」がなくなった感じで何だか色に深みが戻ってきたような♪

最後にワックスがけもしておきました。


ボディ表面のくすみがとれてイイ感じです(^o^) 映り込みも綺麗です。


トランクもズラピカに♪


照明色を変えて。


なんだかチェイ号も嬉しそうです♪ ←単なる自分の思いこみですが(笑)



初めてポリッシャーとコンパウンドでボディ磨きをしてみました、とても綺麗になったのでやった甲斐がありました。
最初は塗膜を磨く(削る)ことに少し抵抗がありましたが、適度にやれば大丈夫かなと思います。



P.S
レミリアさん、どうもありがとうございました!


inserted by FC2 system