(ディスプレイ棚の製作)


ルート66のネオンクロックを中心に飾り付けをしている、私個人的にお気に入りの部分ですが、今回さらにグレードアップしました。
そのDIY作業記録です(2007年6〜7月)。

写真は改造前のものです。板を塗装して、L型の棚用ステーで固定しているだけのものです。


この部分を改造しようと思った発端は、shige344さんからいただいたモデルカーを飾るスペースが欲しいと思ったからです。
いただいたのは完成されたプラモなのですが、shige344さんの腕前は一級品で完成度の高さに驚きました。(どうもありがとうございました)

とりあえず、100円ショップで買った315円?のディスプレイケースに入れて置いていました。
でも何かもの足りない。。っていうかせっかくのプラモがこれでは映えないって感じていました。


いろいろとディスプレイする方法を妄想しながら日々を過ごしていました(笑)が、やっと実行しようと思う案が浮かびました(^-^)
現在の棚板の下に、二段構えになるように増設するって案です。さっそく作業開始です!!

まずは材料を買ってきました。今回、棚板に使う木材はパイン材です!!(奮発しました)。
他にも細い角材と、棚用アングルを準備しました。


まずは木材のカットです。
棚板の右端はアールを付けるので、コンパスで適当にカットラインを入れて、のこぎりで大まかにカットします。


ディスクグラインダーにペーパータイプのディスクをセットし、カットラインに合わせて丸く削っていきます。
最後はサンドペーパーを使い、手で綺麗に仕上げました。


次に角材をくっつけます。
今回ディスプレイ部分にアクリル板で窓を付けるつもりなので、そのアクリル板の固定用レールとして角材を使います。


角材の固定に使う木工用接着材は、瞬間タイプや普通の木工用ボンドなど適当に使い分けました。


位置決めしてくっつけたら、はみ出た部分をノコで切り落とします。


そしてペーパーを使ってアールを合わせるように削ってしあげました。同時に木材のエッジ部分の面取り?もしています。


そして塗装に入ります。木工用着色ニスを使います。以前使ったやつの残りなので、色もまったく同じにできます。


左の写真は一度塗りの状態です。右の写真は時間をおいて二度塗りした状態です。
面倒ですが、やはり二度塗りした方がムラもなくなり色の具合も良いです(^-^)


こちらのもう1本の角材にも色を塗っておきます。


角材が乾いたらドリルで下穴をあけておきます。ビス止めをするからです。


そしてその角材を現在設置済みの棚の前面にツライチになるように、下からビス止めします。
はみ出した部分はノコでカットしてペーパーで面だしをしておきました。後で塗装しておきます。


もう1本の角材にも下穴をあけておき、少しずらして奥側にビス止めします。これがアクリル板のレールになります。


横から見たらこんな感じです。奥側の角材は見えないので手抜きして未塗装としました(^^ゞ


次に棚板の設置準備に入ります。
私のガレージは壁の板が石膏ボードなので、奥側に木材の下地(間柱など)がないとビスがききません。
棚用アングルを取り付ける場所が確定したら、「下地探し」という道具で、奥側に木があるかどうかをあらかじめ確認しておきます。


目的の場所に木材の下地が存在しない場合は、ボード用のアンカーや、写真のようなネジ込み式のアンカーを使ってます。
下穴をあけて、そこへねじ込んでいきます。


こんな感じです。右の写真の十字部分は細い穴があいていて、そこへタッピングビスをねじ込むことができます。


そして棚板の両サイドの位置になるようにアングルを固定しました。


真ん中にもアングルをつけました。やはり両サイドだけだと真ん中がひわって垂れ下がるので。。(^^;


棚板を仮設置してみたところ、上の棚板用のアングルに干渉するので、その部分だけ削っておきました(写真右)。


棚板を置いてみます。今度こそ大丈夫そうです。チョロQ軍団は移設します。


下からビスで固定します。これで棚自体は完成しました(^-^)



次はアクリル板を使った「窓」の製作に入ります。
オークションで買った1100mm×350mmのサイズです。厚さは3mmのものをチョイスしました。(2枚組でした)
大きいサイズや長尺物は、既製品だと高額です。
オークションでは業務用に使われた端材がよく出品されていますので、私も利用しました。
当然オーダーサイズを選ぶことはできませんが、安く買えることができると思います。


半分に使って使います。金切りノコを使って地道に切断しました。この細長い2枚を使います。

購入したアクリル板がもう一枚丸ごと残りましたが、また何かの悪さをする時の貴重な材料としてとっておきました(^^ゞ

切断したアクリル板をさっそく棚板にはめ込んでみます。右側面からレールにはめるようにスライドしながら入れていきます。
計算どおりにいけばサクッと入るはず。。。ちょっとキツかったですが、まあOKとします(^^ゞ
このアクリル板ですが、透明度も文句なしです。


次は右側にくるアクリル板にアール加工をしようと思います。
曲げる部分をトーチバーナーであぶります。アクリルを溶かさないようにやおやおになるまであぶります。
そして適当な円筒形のものを使って曲げてみました。(私はオイルの缶を使いました)


ハッキリ言ってさえない結果になりましたが、まあOKとします(^-^;A


そしてこれがアクリルをはめた状態です。写真では見にくいですが二分割になっています(コブラの右10cmぐらいが境い目)。


とりあえずモデルカー等を並べてみました。なかなかいい雰囲気です(^-^)


そして、ネオンクロックのライトON!! カッコイイ!! 自己満足の瞬間です(^^ゞ


これで目的のディスプレイ棚ができました。
しかしまだ構想した完成形にはなっていません。

〜ライトアップ作戦〜へ続く


inserted by FC2 system