(ディスプレイ棚のライトアップ)


さてグレードアップしたディスプレイ棚ですが、さらに磨きをかけていこうと思います。
2段にした棚板ですが、天井照明を点けると、どうしても下段部分が影になってしまいます。
構想段階から考えてはいたのですが、その対策としてライトアップをしました。そのDIY作業記録です(2007年7月)。

これは棚が完成した時の状態です。天井照明がモデルカー部分にあたらず影になっているのがわかると思います。


ライトアップ用の部材として、E12型ソケットと電球10Wのものを準備しました。電線は廃材利用です(^^ゞ


まず電線にソケットを半田付けしました。電球をつける間隔を決めてから作業しています。


次に、ソケットを固定するステーの準備です。パイプ固定用のサドルバンドを半分に切断して・・・


ハンマーでたたいて丸い部分を平たくのばして、ドリルで穴をあけます。


こんな感じ。普通にL型のステーを買ってくればラクですが、コスト優先です(^^;


それを電球のソケットにネジどめして・・・


上段の板の裏側(下面)にビスどめしました。見えないところは美観無視です。。(^^;

これで棚部分の作業は完了です(^o^)

電線の先に、100Vのコンセントプラグを仮付けして、ライトON!!
写真左がライトOFFで、右がライトONです。めっちゃ綺麗です(^-^)またまた自己満足。


正面からも(^o^)


10W電球でもとても明るいです。ネオンクロックとのバランスを考えたら、今後電球を5Wに変更するかもしれません。


残るは電線の処理と、設置するモデルカー等のレイアウトの見直しです。

〜最後の仕上げ〜 へ続く


inserted by FC2 system