ガレージ全体の紹介


全体のレイアウトです。

出入口は、車用のシャッターと、人用の勝手口と、ガレージに隣接する部屋のガラス戸があります。
それに手を洗う流しと物置、中央部に掘り込んだピット(作業スペース)があります。
左側に見えるのが物置(押入れ)です。

電動シャッター

正式には三和シャッター製の「ガレージドア キャンディ」という製品です。
リモコンがついていて、外出時または外から帰ってきた時に車から降りずに開閉できます。
室内開閉ボタンとリモコンです。


電動シャッターはだいたいに値段が高いと思いますが、その中ではキャンディは安いほうに部類すると思います。
オーダーサイズがないからです。サイズは「W2.4m×H2.4m」と「W2.7m×H2.4m」と「W5.5m×H2.4m」の3通りのみです。
うちのは「W2.7m×H2.4m」にしています。
それと木製は高価なものが多いですが、キャンディは鉄板と発泡体の組み合わせです。

内側の白い部分は発泡体で、茶色い部分は鉄板です。
上から2段目のデザイン窓はオプションで、3通りぐらいから選びました。(窓なしも選べます)

シャッター動作時に照明が約5分間点灯し、自動的に消えます。

オープン時の写真。約7秒で開きます。意外と静かです。
左右の足元の高さにセンサーがついており、何かがそのセンサーに反応しているとスイッチを押しても動きません。
また、動作中にセンサーが反応すると非常停止する安全装置も付いています。子供がいると安全装置は必要です。


停電時にマニュアルで開閉するひもです。まだ使ったことがありません。


ピットスペース

基礎の段階でつくってもらいました。中にはコンセントを設けています。
「ガレージライフ」という本を見ていた時にこれだけは付けたかった部分です。
下回りの作業時に重宝します。(普段は鉄板のフタをしています)

まだ何も置いてなく、塗装したての時の写真なのでピカピカです。


inserted by FC2 system