Eeterior  











圭オフィス車高調 Type GX-α

8段階の減衰力調整式でトラクションスプリング付です。
以前クスコのComp1を使用していましたが、ヘタってきたようなので交換しました。
今回は減衰力調整が付いているし全長調整式なので自由度が高いです。






       


CST車高調
CST ZERO-1ダンパー Swiftバージョン

(2010年3月変更)

圭オフィスの車高調の減衰調整部分が壊れたので、一式リニューアルしました。
Swiftスプリングが付いて11万円台という低価格車高調ですが、なかなか良い仕事をしてくれてます。

スプリングスラストシートやブレーキホースブラケットの製作など小細工をして取り付けました。
取り付けの作業内容は
こちら












EQUIPのリバースホイール

ホイールは昔からずーっとEQUIPです。
17インチのフロント8J、リヤ9J。
フロント・リヤ共にフェンダーツメ折りをしています。

タイヤは215/45と235/45で銘柄はそのつど替わるのでテキトーです。























【2010年10月追加】

フロントをワイドフェンダーにして、グリップサーキット用にフロント9J(タイヤ235/40)のホイールも買い増ししました。(普段乗りはフロントは8Jのままです)。


タイロッド&タイロッドエンド
URASの切れ角アップ強化タイロッドと
スーパーナウ製ピロタイロッドエンドです。

(ピロタイロッドエンドは磨耗により取り外し済み。現在は純正タイロッドエンドをリフレッシュして使っています)。


取り付けの作業内容はこちら

切れ角アップワッシャー
URASのチビの輪です。
切れ角アップタイロッドに追加で片側2枚ずつかませています。(片側約2mmプラス)




スーパーナウ 強化ジュラルミンハブ

純正アルミハブよりも軽量で強度もあるとくればこのハブしかありません。

ナックルはABS車輪速センサー取付部分のない車輌(私の場合はアンフィニW)用のを流用しました。
(流用する意義は特にありません。たまたま私が部品取り車にアンフィニ4を所有しているから。)


取り付けの作業内容はこちら






スーパーナウ
フロントロアアームピロブッシュ(F)

ピロボールによるハンドリングのシャキっと感の強化。および、ロアアーム全体を若干前側にオフセットして取り付け、キャスター角を大きくできる優れものパーツです。


取り付けの作業内容はこちら


マツダスピード
フロントロアアーム強化ブッシュ(R)

純正交換するならお約束のマツスピブッシュです。




リヤメンバー&サスアーム フルリフレッシュ
    マツダスピード製ブッシュを使用


リヤメンバーの防錆やブッシュ類の交換、ロッドエンド部のブーツ交換などをひと通りしました。
ブッシュはマツダスピード製をチョイス。


取り付け時の一連の作業内容はこちら







リヤハブのフルリフレッシュ
    &
ロングハブボルト化


リヤハブのベアリング新品交換を行い、バラしたついでにハブボルトをロングタイプに交換しました。

ロングハブボルト化に伴い、10mmスペーサが使えるようになりました。

トーコンブッシュは今までと変わりませんがナイト製のトーコンキャンセラーを組み込んでおきました。



取り付け時の一連の作業内容はこちら
ボーダー
リヤキャンバーアジャスター

ネガキャンを補正するのに取り付けています。


KSP(ATTAIN)
ポジティブキャンバーリンク


ネガキャンを補正するのに取り付けています。
取り付けの作業内容はこちら




17インチリヤブレーキローター
DIXCEL製 FD3S用17インチ
ブレーキローター
  &
スーパーナウ製17インチ変換キット

16インチにサイズアップしていたのですが、さらに17インチにサイズアップしました。

取り付けの作業内容はこちら

ブレーキディスク

リヤブレーキのディスクを16インチに変更しています。
GLOBALというショップの「リヤビッグローターキット」という商品で、ディスクはおそらくRAV4用だと思われます。
キャリパーは純正のままでブラケットで外側にオフセットさせるタイプです。


取り付けの作業内容はこちら

※2006年8月に17インチ仕様に変更のため取り外しました

ブレーキホース
APPステンメッシュのブレーキホースです。
ブレーキフルードの交換やエア抜きなどと同時に行ったのでハッキリとは効果がわかりませんが、かなりカッチリしたブレーキタッチになりました。

取り付けの作業内容はこちら







ABS撤去
私のFCは「GT-Limited」というグレードで、FCなのにABSがついています。
ドリ練とか走りに行った時に毎回ヒューズを抜いて走行していましたが、わずらわしいので撤去しました。

撤去したことによりエンジンルームのABSのH/Uがなくなり、軽量化&プラグ交換の作業性がUPしました。

ECUに併設されているコントロールユニットも撤去しています。

フロントハブに取り付けてある車輪速センサー用の歯車は、ナウさんのハブに交換すると同時に撤去できました。


作業内容はこちら












※追記
2012年に、唯一残っていたリヤハブの車輪速センサー用の歯車も取り外したので、これで完全にABS用のパーツを取り払うことができスッキリしました。
(関連の作業レポはこちら


















ENDLESSのブレーキパッド SSM






       





ENDLESSのブレーキパッド MX72

(2010年2月変更)

サーキット走行(グリップ)をするにあたって、ブレーキパッドを変更しました。

エンドレスのMX72というモデルです。セラミックカーボンメタルです。
街乗りとかでも「鳴き」はありません。
サーキットでもしっかりと効いてると思います。
でも効きすぎてすぐにロックするとかでもないですし、コントロール性の高いパッドだと思います。

取り付けの作業内容はこちら

inserted by FC2 system